与謝野晶子

「君死にたまふことなかれ」作者与謝野晶子の意味と現代語訳

更新日:

「君死にたまふことなかれ」は与謝野晶子の弟をうたう有名な詩です。

この詩は、旅順包囲軍の中にいた与謝野晶子自身の弟を思って書かれたものです。

「君死にたまふことなかれ」の詩の現代語訳と解説を提示します。

スポンサーリンク




 

「君死にたまふことなかれ」与謝野晶子

1904年8月19日  日露戦争の旅順攻囲戦が始まり、与謝野晶子は「君死にたまふことなかれ」と題する詩を書きました。

詩の副題は「旅順の攻囲軍にある弟宗七を歎きて」というもので、その通り、旅順包囲軍の中にいた弟に向かって七五調の調べを保って呼び掛ける内容となっています。

 

「君死にたまふことなかれ」意味概要

「君死にたまふことなかれ」というのは、どのような内容の詩か、概要を記します。

武器を持って人を殺せというのは、親の教えでも商家の教えでもない。天皇がそういうとも思われない。旅順が滅びてもよい、父を亡くしたばかり母の嘆き、残された新妻を思えば、自分ひとりの身ではないのがわかるだろう、必ず死なないでいよ。

と、日露戦争に出征した弟に生きて帰ることを呼び掛ける内容です。

以下に、詩の全文と、現代語訳を提示します。

 

君死にたまふことなかれ 全文

「君死にたまふことなかれ」
(旅順の攻囲軍にある弟宗七を歎きて)

ああ、弟よ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ。
すゑに生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親はやいばをにぎらせて
人を殺せと教へしや、
人を殺して死ねよとて
廿四にじふしまでを育てしや。

さかいの街のあきびとの
老舗しにせを誇るあるじにて、
親の名を継ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ。
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事なにごとぞ、
君は知らじな、あきびとの
いへの習ひに無きことを。

君死にたまふことなかれ。
すめらみことは、戦ひに
おほみづからはでまさね
かたみに人の血を流し、
けものみちに死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
おほみこころの深ければ、
もとより如何いかおぼされん。

ああ、弟よ、戦ひに
君死にたまふことなかれ。
過ぎにし秋を父君ちゝぎみ
おくれたまへる母君はゝぎみは、
歎きのなかに、いたましく、
我子わがこされ、いへり、
やすしと聞ける大御代おほみよ
母の白髪しらがは増さりゆく。

暖簾のれんのかげに伏して泣く
あえかに若き新妻にひづま
君忘るるや、思へるや。
十月とつきも添はで別れたる
少女をとめごころを思ひみよ。
この世ひとりの君ならで
ああまたたれを頼むべき。
君死にたまふことなかれ。




 

「君死にたまふことなかれ」現代語訳

一段ずつ現代語訳と解説を記していきます。

1段目の意味と現代語訳

ああ、弟よ、あなたのために泣いています。
どうぞ死なないでいてください。
末っ子に生れたあなたなので、親は兄姉よりもかわいがっていますが、果たしてその親が、武器を持って人を殺せと教えたでしょうか。人を殺して自らも死ねと、24歳まで育てたでしょうか。

解説

「人を殺せと教へしや」「24 までを育てしや」の「や」は反語の助詞。

「…ただろうか…ではないだろう」の意味となる。

与謝野晶子は、与謝野家の三女で、弟は2歳下で、男子では末子ですが、その下に妹が2人います。

なお、弟の名前は、鳳籌三郎(ほう ちゅうざぶろう)。

与謝野晶子の旧姓も「鳳」とかいて「ほう」と読み、与謝野は結婚後の姓です。

名前の本名は「志(し)よう」が名前で、晶子は後の筆名です。

2段目の意味と現代語訳

堺の商人として老舗を守る主人として、家の名前を継ぐあなた、どうぞ死なないでください。

あなたは知らないでしょうが、旅順の城はほろんだとしても、商人の家の教えに、戦いに死ねなどということはないのです。

解説

兵士と、元々の職業である「商人」とを対比されている2段目。

鳳家は、堺にあった和菓子屋の老舗です。

「旅順」はこの時の戦争の舞台であった地名で、その実名を出しているので、当然物議をかもしたと思われます。

ただ、与謝野晶子の弟は、実際には、この詩が詠まれた頃は別な舞台にいたようです。

3段目の意味と現代語訳

天皇は戦いに自らはおいでになさらない。互いに血を流して、けだものの道に死ねという、死ぬことが人の名誉なのだということは、元より御心の深い方であれば、そのように思ったりするでしょうか。

解説

「すめらみこと」というのは天皇の古い敬称の呼び名。

戦争は「天皇」の命令によるものですが、天皇の言質を取沙汰するというのは、大変勇気のあることですが、この点も大きな問題とみなされました。

4段目の意味と現代語訳

弟よ、戦いに死んだりしないでください。

秋の父上の死後残された母は、痛ましくも嘆かれて、今度は子どもを戦にやって自らが家を守り、安泰のはずのこの時代にも、白髪が増えていくのです。

解説

父が亡くなったは9月で、10月に弟は家督を継ぎ、父の名の「宗吉」を継いだようです。

この団では、父が亡くなった後の母の悲しみを引き合いに出しています。

5段目の意味と現代語訳

暖簾の陰にしゃがんで泣いている、年若い新妻をあなたは忘れたのですか、それとも思っているのですか。

十か月にもならないで別れてしまった、妻の心を思ってごらんなさい。

この世一人のあなたではないのです。

ああ、この胸の嘆きを誰に訴えたらいいのか、弟よ、あなたは死んではなりませんよ。

解説

今度は家族の中の妻を登場させます。

詩の内容からは、弟が10カ月前に結婚しながら出征したことがわかりますが、解説によると、その際妻は身ごもってもいたそうです。

「ああまたたれを頼むべき」には、誰かの加勢をもって、弟の死を止めてほしいという意味ですが、「母」「妻」として、弟を引き留めようとする誰かを探しているようです。

なお、籌三郎は日露戦争から帰還し、1944年(昭和19年)まで永らえました。

 

「君死にたまふことなかれ」への批判

与謝野晶子がこの詩を発表したのは、1904年(明治37年)9月の『明星』誌で、旅順包囲の1か月後になりますが、活字になるまでに時間がかかりますので、すぐに記されたものと考えられます。

この詩は、当時「皇室中心主義の眼を以て、晶子の詩を検すれば、乱臣なり賊子なり、国家の刑罰を加ふべき罪人なりと絶叫せざるを得ざるものなり」(大町桂月・歌人)と批判されます。

それにしても、「すめらみこと」や「旅順」と実在の事物を取り上げて、たった一人で弟を守るというより、説得しようとした、与謝野晶子はよほど強い人だったと言えますが、これには、やはり夫与謝野鉄幹の後ろ盾があってのことだとも思われます。







tankakanren

-与謝野晶子

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.