「 投稿者アーカイブ:marutanka 」 一覧

伊藤左千夫の水害の短歌【日めくり短歌】

各地で水害の悲しいニュースが相次いで伝えられています。 今日の日めくり短歌は、水害を詠んだ伊藤伊藤左千夫の短歌です。 生涯で3度の水害に遭いながら、伊藤左千夫は牛の飼育を継続、水に浸かった家屋の様子も ...

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持

2020/07/07   -百人一首
 

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持の七夕の天の川の橋をモチーフにした、百人一首6の和歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける【日めくり短歌】

2020/07/07   -日めくり短歌
 

七夕の日となりましたが、あいにくの天気、夜空の彦星と織姫は無事に会えるでしょうか。 今日の日めくり短歌は、七夕にちなんだ短歌、百人一首の6番目の和歌のご紹介です。

熊本を訪れた与謝野晶子の球磨川と阿蘇を詠んだ歌【日めくり短歌】

2020/07/06   -日めくり短歌

与謝野晶子が熊本を訪れた際に、球磨川を読んだ短歌が朝日新聞の天声人語で紹介されていました。 与謝野晶子は鉄幹と共に、昭和7年に熊本を訪れています。 熊本の人への応援の気持ちを込めて、与謝野晶子の短歌を ...

光放つ神に守られもろともにあはれひとつの息を息づく 永井ふさ子と斎藤茂吉の合作【日めくり短歌】

2020/07/05   -日めくり短歌

光放つ神に守られもろともにあはれひとつの息を息づく 日経新聞の日経スタイルで、「万葉集から斎藤茂吉まで、恋の文でたどる思い」のタイトルのコラムで斎藤茂吉と永井ふさ子の恋愛が取り上げられました。 今日の ...

永井ふさ子の短歌 斎藤茂吉との相聞の軌跡

2020/07/05   -斎藤茂吉
 

永井ふさ子は、斎藤茂吉と交際をしていた女性です。今でいうのなら、婚外恋愛の不倫という関係でしたが、二人の恋愛は、斎藤茂吉の生涯と作品に大きな影響を残しました。 また、二人の間での短歌のやりとりも素晴ら ...

人生に付箋をはさむやうに逢ひまた次に逢ふまでの草の葉 大口玲子【日めくり短歌】

2020/07/04   -日めくり短歌

人生に付箋をはさむやうに逢ひまた次に逢ふまでの草の葉 今日の日めくり短歌は、現代短歌から大口玲子さんの短歌をご紹介します。

寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ 寂蓮法師 

2020/07/03   -古今・新古今集

寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ 寂蓮法師 (じゃくれんほうし)の代表作、また新古今集の「三夕の歌」の一つとして知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します ...

心なき身にもあはれは知られけりしぎ立つ沢の秋の夕暮れ 西行【新古今集】

2020/07/03   -古今・新古今集

心なき身にもあはれは知られけりしぎ立つ沢の秋の夕暮れ 西行法師(さいぎょうほうし)の代表作、また新古今集の「三夕の歌」の一つとして知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します ...

ひさかたの雨の晴れ間にいでて見れば青みわたりぬ四方の山々【日めくり短歌】

2020/07/03   -日めくり短歌

今日は束の間の梅雨の晴れ間。長雨が続く梅雨には、雨の上がる日は大変ありがたく思えます。 今日の日めくり短歌は、良寛和尚の梅雨の晴れ間の出てくる歌を2首、ご紹介します。

ゆらゆらと朝日子あかくひむがしの海に生まれてゐたりけるかも 斎藤茂吉「あらたま」

2020/07/02   -あらたま

ゆらゆらと朝日子あかくひむがしの海に生まれてゐたりけるかも ゆらゆらと朝日子あかくひむがしの海に生まれてゐたりけるかも 斎藤茂吉の短歌作品、第二歌集『あらたま』の代表作一首ずつに読みやすい現代語訳を付 ...

アマビエと斎藤茂吉「この病癒えしめたまへ朝日子の光よ赤く照らす光よ」【日めくり短歌】

アマビエという妖怪がコロナ禍で人気となりました。古くから病除けとして民間で信仰されてきたもののようです。 今日の日めくり短歌は、病気とそのアマビエに思い出す「朝日子」のある斎藤茂吉の短歌のご紹介です。

幽玄の意味を解説 古今集藤原俊成の和歌の美とは?例文あり

2020/07/01   -古今・新古今集

「幽玄」とは、どのような内容を持つ和歌を指すのでしょうか。 藤原俊成の唱えた「幽玄」は、短歌の持つ情緒と調べを含むものです。 俊成が歌合で評をした実際の短歌を例にあげ、俊成自身の言葉や和歌作品から、幽 ...

半夏生とは?斎藤茂吉の蛸の短歌2首【日めくり短歌】

季節は半夏生、この日には、タコを食べるとよいとされています。 今日の「日めくり短歌は」、蛸の詠まれた斎藤茂吉の短歌を2首ご紹介します。

道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ 西行法師【新古今】

道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ里 西行法師(さいぎょうほうし)の代表作として知られる、新古今和歌集の有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。 この短歌の柳は、 ...

雨に濡れし夜汽車の窓に映りたる山間の町のともしびの色 石川啄木【日めくり短歌】

「雨に濡れし夜汽車の窓に映りたる山間の町のともしびの色」 今日の日めくり短歌は、石川啄木の歌集「一握の砂」の中の作品です。 啄木が仕事のために移り住んだ函館を去るときの歌とされており、滞在した地への思 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.