「 投稿者アーカイブ:marutanka 」 一覧

大津皇子 大伯皇女の万葉集の和歌まとめ 大津事件の悲劇

2020/10/28   -万葉集
 ,

大津皇子と大伯皇女の万葉集の和歌の現代語訳と文法などの解説、これらの短歌の詠まれた背景にある大津皇子事件について記します。

うつそみの人なる我や明日よりは二上山を弟と我が見む 大伯皇女

2020/10/27   -万葉集
 ,

うつそみの人なる我や明日よりは二上山を弟(いろせ)と我(あ)が見む 大伯皇女(おほくのひめみこ)が、謀反の罪に問われた大津皇子の葬りの後に詠んだ、万葉集の代表的な短歌作品の現代語訳、句切れや語句、品詞 ...

親思ふこころにまさる親心けふの音づれ何ときくらむ 吉田松陰の和歌【日めくり短歌】

親思ふこころにまさる親心けふの音づれ何ときくらむ 吉田松陰の和歌・短歌には、大変有名なフレーズを含む、上の歌があります。 今日の日めくり短歌は、吉田松陰の命日、松陰忌にちなみ、吉田松陰の短歌をご紹介し ...

斎藤茂吉の家系図と家族 両親と養父母 妻と子ども

2020/10/26   -斎藤茂吉

斎藤茂吉は、日本を代表するアララギ派の歌人です。 斎藤茂吉の家族には、作歌の北杜夫さんがいることが知られています。 斎藤茂吉の家系図と家族についてお知らせします。

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規の俳句【日めくり短歌】

2020/10/26   -詩歌
 ,

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規がこの有名な俳句を詠んだのが10月26日とされ、「柿の日」に制定されています。 正岡子規は柿好きだったことで知られており、「柿くへば」の俳句についてと、正岡子規の柿 ...

二人行けど行き過ぎ難き秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ 大伯皇女

2020/10/25   -万葉集
 ,

二人行けど行き過ぎ難き秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ 大伯皇女(おほくのひめみこ)が、謀反の罪に問われた大津皇子を送る際に詠んだ、万葉集の代表的な短歌作品の現代語訳、句切れや語句、品詞分解を解説しま ...

わが背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我が立ち濡れし 大伯皇女

2020/10/25   -万葉集
 ,

わが背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我が立ち濡れし 大伯皇女(おほくのひめみこ)が、謀反の罪に問われた大津皇子を送る際に詠んだ、万葉集の代表的な短歌作品の現代語訳、句切れや語句、品詞分解を解説します ...

あしひきの山のしづくに妹待つと我立ち濡れぬ山のしづくに 大津皇子

2020/10/25   -万葉集
 ,

あしひきの山のしづくに妹待つと我立ち濡れぬ山のしづくに 大津皇子が石川郎女に贈った相聞の和歌、万葉集の代表的な短歌作品の現代語訳、句切れや語句、品詞分解を解説します。

畑よりくっきり虹が生えている虹の根元を掘りにいこうか 俵万智『未来のサイズ』【日めくり短歌】

2020/10/25   -短歌・和歌
 ,

俵万智さんの第六歌集『未来のサイズ』が刊行されました。 きょうの日めくり短歌は、俵万智さんの『未来のサイズ』の短歌ご紹介します。

ありつつも君をば待たむうちなびくわが黒髪に霜のおくまで 霜の短歌・和歌【日めくり短歌】

10月23日は「霜降(そうこう)」。秋が深まり露が冷気によって霜となる頃を指します。 きょうの日めくり短歌は、霜にちなむ短歌や和歌を、万葉集から現代短歌まで広い範囲でご紹介します。

住の江の松を秋風吹くからに声うちそふる沖つ白波 凡河内躬恒

2020/10/23   -古今・新古今集

住の江の松を秋風吹くからに声うちそふる沖つ白波 凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)の古今和歌集所収の有名な和歌、現代語訳と修辞法の解説、鑑賞を記します。

心あてに折らばや折らむ初霜の おきまどはせる白菊の花 凡河内躬恒

心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花 凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)の、百人一首にも採られた古今和歌集所収の有名な和歌、現代語訳と修辞法の解説、鑑賞を記します。

中原中也の亡くなった日中也忌 中原中也の短歌【日めくり短歌】

10月22日は詩人の中原中也の亡くなった日の「中也忌」です。 詩人が最初に短歌を詠む例は、萩原朔太郎などにもありますが、中原中也も13歳の頃から短歌を詠んでいました。 きょうの日めくり短歌は、中原中也 ...

中原中也の短歌「生前発表詩篇」の「初期短歌」107全首

2020/10/22   -詩歌
 

中原中也はダダイズムの詩人として詩作に入る前に短歌を詠んでいました。 13歳から詠み始め、15歳で友人たちと合同歌集「末黒野(すぐろの)」を刊行、30年の生涯で120首余りの作品が残っています。 中原 ...

六歌仙の百人一首の和歌と代表作短歌の現代語訳

2020/10/21   -古今・新古今集
 

六歌仙とは、古今和歌集の「仮名序」に記された6人の歌人を指します。 僧正遍昭、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大伴黒主のうち、大伴黒主以外の歌人の短歌は百人一首にもその作品の和歌が採られていま ...

六歌仙とは 紀貫之の六歌人の評を現代語訳付で解説

2020/10/21   -古今・新古今集
 

六歌仙とは、古今和歌集の最初にある「仮名序」に記された、6人の歌人、僧正遍昭、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大伴黒主を指す言葉です。 紀貫之が六歌仙の6人それぞれに記した歌人の評を現代語訳を ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.