「 投稿者アーカイブ:marutanka 」 一覧

石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも 志貴皇子

2021/01/04   -万葉集

石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも 作者志貴皇子のこの歌は、万葉集の四季歌の代表的な作品で、斎藤茂吉も「万葉集中の傑作の一つ」と言っている短歌です。 現代語訳、句切れや語句、品詞分 ...

檀一雄の辞世の句と短歌 命日夾竹桃忌【日めくり短歌】

檀一雄の忌日、夾竹桃忌は1月2日です。檀一雄は太宰治の親友の一人でもあった昭和の作家です。 今日の日めくり短歌は檀一雄の辞世の句2首と短歌1首をご紹介します。

手に包む真玉のごときものありて生くる一年さやかにあらな 佐藤佐太郎の新年詠【日めくり短歌】

手に包む真玉のごときものありて生くる一年さやかにあらな お正月の今日の日めくり短歌は佐藤佐太郎の新年詠2首をご紹介します。

大晦日と年明けの短歌 万葉集と古今集他 大伴家持 紀貫之

大晦日の短歌は「晦日歌」と呼ばれる一つです。晦日は各月の終りの日、中でも年末12月の最後の日は、特別な大晦日です。 きょうの日めくり短歌は大晦日の短歌をご紹介します。

斎藤茂吉の初詣の短歌 息子茂太を連れて出羽三山に参拝

2020/12/30   -斎藤茂吉
 

斎藤茂吉の初詣の初詣のエピソードが朝日新聞の天声人語欄に紹介されました。 きょうの日めくり短歌は斎藤茂吉の初詣の短歌をご紹介します。

牛年の短歌 万葉集・藤原定家・斎藤茂吉・現代短歌他

牛を詠んだ短歌は、たくさんの歌があります。牛は古くから人々に親しまれてきた動物です。 今年は丑年、牛の短歌万葉集から近代短歌、現代短歌まで思い出すものを集めました。

大形の被布の模様の赤き花今も目に見ゆ六歳の日の恋 石川啄木【日めくり短歌】

2020/12/25   -石川啄木
 

大形の被布の模様の赤き花   今も目に見ゆ 六歳の日の恋  石川啄木の「一握の砂」より朝日新聞の「折々のことば」に紹介された短歌です。 きょうの日めくり短歌は、石川啄木の短歌作品をご紹介します。

斎藤茂吉の「おひろ」 悲恋が生んだ大作 全短歌現代語訳付

2020/12/22   -赤光

斎藤茂吉の「おひろ」は歌集『赤光』に詠まれた女性で、茂吉と恋愛関係にあり実ることはありませんでしたが、悲恋は『赤光』の大作を生み出しました。 『赤光』の短歌連作『おひろ』の連作の短歌の現代語訳をつけて ...

斎藤茂吉の恋愛相手「おひろ」44短歌作品連作 別れの理由

2020/12/22   -赤光

斎藤茂吉の「おひろ」は歌集『赤光』に詠まれた女性です。 おひろは斎藤茂吉の若い頃の恋愛の相手でもあったようです。しかし、この恋愛はみのりませんでした。 『赤光』の短歌連作『おひろ』の背景と短歌現代語訳 ...

冬至と柚子湯の短歌 斎藤茂吉,土屋文明,岡井隆他

冬至となりいよいよ寒さが身に迫ります。 きょうの日めくり短歌は、冬至を詠んだ斎藤茂吉、土屋文明、岡井隆他の短歌をご紹介します。

no image

うつせみの吾が居たりけり雪つもるあがたのまほら冬のはての日 斎藤茂吉

2020/12/21   -斎藤茂吉
 

うつせみの吾が居たりけり雪つもるあがたのまほら冬のはての日 斎藤茂吉の歌集「小園」の「冬至の日に」より、故郷を詠う代表作短歌の鑑賞と解説を記します。

かへるでの赤芽萌えたつ頃となりわが犢鼻褌を自ら洗ふ 斎藤茂吉「小園」

2020/12/19   -斎藤茂吉
 

かへるでの赤芽萌えたつ頃となりわが犢鼻褌を自ら洗ふ 斎藤茂吉の短歌を一首ずつ鑑賞、解説しています。『小園』から、斎藤茂吉の主要な代表作の短歌の解説と観賞を記します。

斎藤茂吉「おくに」短歌連作現代語訳 思慕と抒情 

2020/12/19   -赤光

斎藤茂吉の「おくに」は歌集『赤光』に詠まれた女性です。 おくには恋愛の相手ではなかったといわれますが、青年、斎藤茂吉の強い愛慕の念が伝わる一連です。

三十六歌仙の歌人一覧と有名な作品

三十六歌仙とは藤原公任(きんとう)の選んだ秀歌撰の歌人とその歌のことです。 三十六歌仙の歌人の名前と順番、各歌人の作品数と中でも有名な歌人とその作品を一覧で示します。

忠臣蔵 浅野内匠頭と赤穂浪士の辞世の句の短歌【日めくり短歌】

忠臣蔵の赤穂浪士の辞世の句、短歌は、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の詠んだ「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん」が有名です。 きょうの日めくり短歌は、浅野内匠頭の辞世の句と赤穂浪士 ...

はざまより空にひびかふ日すがらにわれは寂しゑ鳴沢のおと 斎藤茂吉『ともしび』

2020/12/13   -ともしび

はざまより空にひびかふ日すがらにわれは寂しゑ鳴沢のおと 斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記し ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.