若山牧水

わがこころ澄みゆく時に詠む歌か詠みゆくほどに澄めるこころか 若山牧水【日めくり短歌】

わがこころ澄みゆく時に詠む歌か詠みゆくほどに澄めるこころか 若山牧水の短歌が、朝日新聞「折々のことば」に紹介されました。

きょうの日めくり短歌は、若山牧水の短歌一首をご紹介します。

スポンサーリンク




わがこころ澄みゆく時に詠む歌か詠みゆくほどに澄めるこころか

作者:若山牧水

 

朝日新聞「折々のことば」は哲学者の鷲田清一(わしだ きよかず)氏が、毎日短歌や俳句、本その他の短い言葉を紹介するというコーナーです。

新聞一面の左下の方に毎日載っています。

若山牧水の歌を詠むこころ

上の若山牧水の短歌について、牧水の語ったことを鷲田氏は次のように

歌は自分を知り、守り育てたいために詠むものだと歌人は言う。自分を僅かなりとも「濁りのないもの」にしたい。その点で「合掌礼拝」に似ると。

作歌と「合掌礼拝」

「合掌礼拝」というのは、手を合わせて、神社や仏壇にお参りすることをいうのでしょう。

そのような「澄んだ気持ちの時に」歌が生まれる。それが「わが心澄みゆく時に詠む歌か」。

そして、歌を詠みながら、ますます心が澄んでくる、そのような作歌と心の連動を表したものです。

このような歌は、「歌詠みが歌を詠む」と言われて、あまりうまくいかないことが多いようですが、優れた歌人である牧水の歌は、歌詠みの心を伝えてくれますね。

 

きょうの日めくり短歌は、若山牧水の短歌一首をご紹介しました。

若山牧水の有名な歌はこちらから

若山牧水の代表作短歌10首

それではまた明日!

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌




-若山牧水
-