万葉集 未分類 短歌

遠白の意味 川遠白し~吉田正俊

更新日:

川遠白く見下ろす山に若き僧のこころ鋭くなれば来にけむ 昭5 吉田正俊

高野山安居会で茂吉が激賞したという。「茂吉を学んで茂吉より特色ある作になっている。」(小谷稔)

スポンサーリンク




万葉集にある「遠白し」を使った歌は二例あり、読みは「とほ(お)しろし」、意味は「雄大な」である。

近代になってからは、「遠く白い」の意味の「遠白し」として使われるようになり、以降の読みは「とおじろし」となる。

元の歌になると思われる茂吉の歌。

雪きゆる蔵王渓よりながれ来て川遠じろしみおろしにけり 斎藤茂吉

諏訪のうみに遠白くたつ流波(ながれなみ)つばらつばらに見んと思へや 斎藤茂吉

参考サイト:
万葉神事語辞典
短歌雑記帳--新アララギ







-万葉集, 未分類, 短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.