詩歌

太郎を眠らせ太郎の屋根に雪ふりつむ「雪」三好達治 鑑賞と解説

更新日:

日本語のもっとも好きな詩を問われたらこの詩をあげたい。

    雪     三好達治

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

言葉の数が少ないために、いろいろな疑問も胸に湧いてくる。太郎を眠らせるのは誰か、太郎と次郎は一緒に住んでいるのかなどを、詩を深く味わうために考えてみよう。

スポンサーリンク



三好達治「雪」鑑賞のための問い

たった2行だけの短い詩なのであるが、それだけに、詩の余韻の中に様々な想い巡らしが生まれてくる。

「雪」の太郎と次郎は兄弟なのか

教科書の指導要綱だと太郎と次郎は兄弟なのだそうだが、家父長制も弱まり、少子化時代の今は「次郎」が次男だということを浮かべる子どもの方が少ないと思う。

日本の家屋であったとすると、寝かしつけることを必要とするような年齢の、太郎と次郎が別々の部屋、または別々の家に寝ているとも考えにくい。

「雪」の太郎と次郎は同じ屋根の下に住んでいるのか

しかし、屋根は、「太郎の屋根」「次郎の屋根」であって、あくまでそれぞれの屋根であって、太郎と次郎は別々の家に住んでもいるようだ。

兄弟であり、同じ家に住むのであれば、「兄の部屋」というのはあっても、「兄の屋根」「弟の屋根」という区別の仕方は通常はしない。

しかも、各行は句読点「。」で、それぞれの文として完結しているので、やはり建屋は別のように思われる。

つまり、太郎と次郎は、兄弟のような親しいつながりを保ちながらも、それぞれ別々の家に寝ている。

複数の屋根が連なり、そのそれぞれの屋根の上に雪が積もっていくというのが、自然な詩のイメージなのである。

暗示される母の存在

英語と違って、日本語は、主語を省いても差し支えないので、「太郎を眠らせ」るのが、お母さんなのか、それとも「雪ふりつむ」の雪であるとのどちらともとれる。

別々の家に眠る太郎と次郎を眠らせるのは、雪でもあり、詩の中に書かれてはいないお母さんでもある。

なお、「ふりつむ」は、「降り積もる」の文語形。意味は同じ。

「雪」と伝統的短歌との類似「伊藤信吉」

詩人で評論家の伊藤信吉は、三好達治の雪について、その作品の短歌との類似をあげている。
そして、三好達治によってこの作品は、伝統詩と現代詩の比重を量ろうとする実験的な作品であったとの見方を述べている。

以下は、伊藤信吉の鑑賞文。

「雪」は2行のみの短い詩作品

この詩の発想は、どこと 短歌に通じるようなところがある。
それは作品の形が極めて小さく、わずかの個数で成り立っているため、おのずから短歌に似た感じを与えるようになったのだろう。

「雪」の伝統詩の呼吸

いずれにしろこの短い作品には、伝統詩の呼吸が通っていると言ってよいが、しかしこの詩の叙情は必ずしも古風ではない。もちろん現代の前衛的作品に対比すれば古風な事は免れないが、仮りに古風であるとしても、 そこには何となく新鮮な味わいがある。

一方では伝統和歌に似て古風であり、一方では現代詩としての新鮮さを感じさせると言う、そのような特質を持って、この短章は歌われた。

「雪」における作者三好達治の試み

この短章で作者は何を具体的に試みたのだろうか。これを現代叙情詩の形成という点から見れば、作者は意識的に、わざわざ短歌に近い形式を用いたのである。

つまり短章に近い小さな詩形を用いるとき、その叙情は、伝統詩の方へより強く傾くものか、それとも現代詩としての新鮮さを獲得することができるものか、そうした実験が行われたのである。

伝統詩と現代詩の分岐点にあって、作者三好達治は量りの比重を見つめた。過去と現在、そして未来との比重は、どちらへ重く傾くか。この美の測定は。現代叙情詩を支えようとする作者にとっては、あるいは決定的な意味を持つことだったかもしれない。

わずか2行の作品であるが、この短章には詩的伝統についての自覚と、現代叙情詩の新しい展開についての試みが内包されていた。

三好達治詩集「測量船」冒頭の短歌

伊藤信吉が以上のように述べているのは、「測量船」の、冒頭の作品は 、意外なことに、詩ではなく、短歌だからである。

「測量船」冒頭の短歌

春の岬

春の岬旅のをはりの鴎どり
浮きつつ遠くなりにけるかも

この時代の詩人たちは、いずれもが日本の伝統詩である短歌との結びつきを強く持っており、それをベースにした 、現代詩であり、ダダイズムであり、前衛であったと思われる。

ダダイズムの代表的な詩人は中原中也であるが、彼の詩の一節、「汚れちまった/悲しみに/今日も小雪が/降りかかる」という句は、中原中也の他の作品と同様に、七五調の輪郭をきっちりと保って「歌われた」詩であることは間違いない。

一方、三好達治の師であった萩原朔太郎は、提携とは対極の詩を記したが、 文芸の出発点は短歌であって、「ソライロノハナ」という自家製版の歌集を編むほど短歌に傾倒していた。

しかし、朔太郎が詩作に入っては潔く和歌とは袂を分かったのに対し、弟子の三好達治は、東洋の伝統詩の和歌を常に並存させていたようだ。

「測量船」の最初の作品が、上のような古風な短歌であるということ、そのあと一つ置いたところの作品が「雪」であるということは、鑑賞の時に心に留め置かれるのが良いと思う。

終りに

雪の光景のなかでは、目の前の枝も岩も地面もみんな白くなる。
自分の屋根も雪をかぶっている。隣の家も屋根をかぶっている。
その屋根の下ひとつずつに「家」があり、人がいる。
雪景色と「太郎」という名前は、むしろ時間を越えて普遍につながるイメージを持っている。

***
冬の朝、どれだけの人が、今同じようにストーブのスイッチを入れているだろうと思うことがある。
そうして、自分はそのストーブに手をかざす。

手のひらがもっとやわらかく小さかっただろう、あの日の朝と同じように。

 

みよし‐たつじ【三好達治】

明治三三~昭和三九年(一九〇〇‐六四)詩人。翻訳家。大阪出身。東京帝国大学卒。萩原朔太郎に師事。「青空」「詩と詩論」「四季」に参加。フランス近代詩の影響を受けて新しい抒情詩の世界を開き、また、東洋の伝統詩の手法をとり入れた独自の境地を開いた。翻訳詩集「巴里の憂鬱」、詩集「測量船」「駱駝の瘤にまたがって」、随筆集「路傍の秋」など。

伊藤信吉【いとうしんきち】

詩人,評論家。群馬県生れ。萩原朔太郎,室生犀星に師事。アナーキズム系の詩人と交わり,のちナップ加盟,プロレタリア詩人として多くの作品を発表したが,運動から離脱,詩の筆を折って,近現代詩の批評・研究に主力を注ぎ,戦前では《島崎藤村の文学》《現代詩人論》などがある。
戦後は1952年《現代詩の鑑賞》など多数の著書・編著があり,朔太郎,犀星などの全集を編集。ほかに,《萩原朔太郎》(読売文学賞),《高村光太郎》など。

 





-詩歌
-

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.