短歌全般

犬の短歌 小池光 齋藤史他

犬の短歌、戌年を迎えるにあたって、思い出して探してみました。

現代短歌より3首の犬の歌をご紹介します。

スポンサーリンク




犬の短歌

きみはむかしゆかいな兵士 一匹の老犬眠る合歓の木の下 小池光

獣骨をくはえて埋めに行く犬がわれに見られていたくはにかむ 齋藤史

小池光さんの歌の方は、亡くなった犬の歌。

「きみはむかしゆかいな兵士」というのは比喩なのだろう。墓碑銘に記してもいいような句だ。

それも「むかし」となり、犬は木の下に眠っている。作者は、その木の下を眺めているのかもしれない。

上句は犬に向かって言っている。下句は第三者的な記述となる。犬に向かって言う句は楽しくあたたかい。「きみ」」も「むかし」もひらがなである。

そういえば、相聞歌というのは、相手に向かって直接語り掛けるものだったと思い出す。そして、存外、動物に語る歌というのは少ない。

「一匹の老犬眠る」とは言い得ても、「きみは」と動物と同じ視点に立つことはあまりないように思う。そういう意味では、作者と犬の近さが伝わってくる。

居なくなった犬の歌が案外多い。

フランダースの犬

 いま出会ふ少年と犬そののちをともに悲運に暮るるを知らず

作者は春畑茜さん。

「フランダースの犬」に題材をとったもの。

日本人の情緒に訴える童話だが、海外ではそれほどでなく、いわば不評なのだそう。

 

齋藤史の犬の短歌

齋藤史さんの歌の方は、ちょっと驚く内容。

「獣骨」と「いたくはにかむ」のかわいらしさがミスマッチの気がするが、人間の視界の中で犬は野生を失うのだろうか。

そもそも犬は「はにかむ」ことはない。これは作者の見方だろう。そこはちょっとおもしろい。




なんと6カ月無料!

-短歌全般
-

error: Content is protected !!