文学

夏目漱石はIloveyouアイラブユーを「月がきれいですね」と訳 「愛してる」は日本語なら誤訳?

更新日:

新聞の「よむサラダ」に、茂木健一郎氏が書いていたことがある。

「アイ・ラブ・ユー」の訳は夏目漱石によると「月がきれいですね」だったそうである。日本語には「愛する」という観念がないのだという。

スポンサーリンク

『月がきれいですね』

ネットで調べたところ、学校教師時代に学生の直訳に対して、「そんな言葉は日本語に存在しない。『月がきれいですね』とでも訳しておくのがよい。」ということであったらしい。

それを読んだら「日本人にはそれで通じる」というのも、何となく納得する。

洋画のアイ・ラブ・ユーは何と訳す?

一方、洋画でよく家族間で言い交わされる「アイ・ラブ・ユー」は、「頑張って」と訳してもいいと読んだことがある。
恋人間ばかりでもなくて家族、親子でも交わされる言葉なので、その方が自然な訳かもしれない。

よく使われる I’m proud of you

「I’m proud of you.」なら、映画シックスセンスの最後の方に、亡くなった祖母の言葉を少年が母親に伝える場面があった。

祖母の墓に尋ねた「お母さん、私を愛していた?」への少年の口を借りての祖母の答え、「I’m always proud of you.」を聞いた母親は涙を流す。

訳はともかく、どちらも相手を肯定する意味合いが強いのは変わらない。こういう言葉は、むしろ現代の家族間なら、だいじにしたいと思う。

「月がきれいですね」は、場合によっては風流であるけれども、明治時代ならいざ知らず、せっかくの「アイ・ラブ・ユー」を、おしなべて「月」にしてしまうのは、もったいなくはなかろうか。

 

「I love you」を「愛してる」は誤り

日本人とアメリカ人のハーフのエッセイスト・Nina Li Coomes(クームス仁奈)さんは、「I love you」を「愛してる」とするのは言語学的には正しくても、文化的には誤訳であり、日本語には「I love you」にあたる言葉はないのだと書いている。

クームスさんがパートナーのジャックさんに「“I love you” は日本語でどういうのか」と尋ねられたので、「愛してる(Aishiteru)」だと答えた。

「愛している」への違和感

すると、ジャックさんは、クームスさんに、「愛している」というようになったのだそうだが、クームスさんは温かさと同時にフレーズのぎこちなさへ寒気を感じると気が付いたという。

その訳には「I love you」に含まれる「I」や「you」にあたる部分が存在せず、「I(愛している主体)」および「you(愛されている対象)」が明言されない。

そのため「愛している」は、能動的ではなく、2人の間にボンヤリとした感情が存在する状態を伝えているかのように聞こえるという。

あるいは、よく言ったとしても、まるで「積極的な義務として愛を伝えているように聞こえる」とクームスさんは指摘する。

適しているのは「大好き」

クームスさんは「I love you」を日本語で言う時のよりふさわしい表現は「大好き」だと提唱している。

特に恋人同士よりも、肉親に伝える時は、この言葉が自然に感じられるという人は多いだろうと思う。

日本では非言語的な表現

また、興味深いことに、日本語にも「好き」や「愛」と言う言葉はあるが、愛情の表現は非言語的だと言われている。

たとえば、「母の愛」は、「おふくろの味」として言及される。それから、主体的に「惹かれる」と表現するよりも、「運命の赤い糸」といった別な要因があるかのような表し方をする。

また、バレンタインデーやホワイトデーに贈り物をし合うことで気持ちを確かめた、「七夕」などのエピソードや行事もそれにつながるものだという。

非言語的な悲恋の「七夕」

言われてみると、七夕は、たとえばロミオとジュリエットのように「ロミオロミオ、あなたはどうしてロミオなの」などという、当事者の灌頂を表すべき言葉はまったく伝わっていない。

「雨が降ったので、会えなくてかわいそう」とか、2人が真向かって立つ情景などはイメージされているが、織姫が二人の邂逅の少なさを嘆いたりすることは、あまり考えられていない。

2人の献身的な愛は「言葉を交わすこと」ではなく、「物語」によって、語られているといってよく、根底には、西洋との大きな愛の表現の違いがあるようだ。

早くから、海外留学をして英文に親しんでいた漱石には、あるいは、そのような文化性の違いが理解されていたのかもしれない。

関連記事:
七夕の短歌まとめ万葉集 和歌から現代短歌まで良寛 正岡子規 与謝野晶子 宮柊二 岡野弘彦

 

月の静けさ

一方、夏目漱石は俳句も詠んでいて、月の句にもおもしろいものがある。

 酒なくて詩なくて月の静けさよ

漱石は胃弱でもあって、下戸だったらしい。それよりもなぜ、「詩なくて」なのかと問いたい気もするが、おそらく文筆の人にとっては、文字で考えることは気の休まることではなかったのだろうし、またこの表現も、上記の「非言語」と同様に言語で表す「詩句」ではあっても、自分の意思を直接に表すというよりは、環境的な事物によって自分の平安な心境を迂遠に伝えているともいえるだろう。

月の短歌 現代短歌より前登志夫 岡井隆 佐々木幸綱 三枝昴之 花山多佳子 小島ゆかり吉川宏志他

 

-文学

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.