本・歌集

飯田彩乃歌集『リヴァーサイド』朝日「短歌時評」大辻隆弘

投稿日:

こんにちは、まるです。
朝日新聞の「短歌時評」より飯田彩乃さんの第一歌集のご案内です。

スポンサーリンク



飯田彩乃歌集『リヴァーサイド』

大辻隆弘さんの挙げているのは

腕は錨 ベッドの縁に垂らしては眠りの岸をたゆたっている
黄金の鍵と思ひてゐたり床に落ちしパンの留め具を手に取るまでを

大辻さんの解説は

ベッドから垂らした腕に錨を、パン袋の金具に鍵を想像する。これらには想像力によって「今ここ」という現実から悲傷しようとする姿勢シンガ横溢している。

また、大辻さんは、同じ世代の30歳前後の女性歌人らの中に、「自分の内心」を担保しようとする切実な詩精神という、共通する傾向を見出しています。

彼女たちの歌には「自分の内心」を担保しようとする切実な詩精神が満ち満ちている

さらに、飯田彩乃さんの作品には、それとは違った面を指摘します。
「現実の生に立脚した生動感」と名付けられるところです。

さうかさうか私は獣だったのだ月夜をこんなに愉しく駆けて
飛ぶ鳥の影を自転車で轢きしのち見上げる空の比類なきあを

飯田彩乃さんの歌の主題の一つに「生きづらさ」を大辻さんは見ているようです。

それを克服するための有効な方途が、「現実の生にある表現されるべき沃野を肯定し歌い上げること」。

穂村弘さんのあげた飯田彩乃さんの歌

以前、穂村弘さんが飯田さんの歌として、引いていたものは

たすけて枝毛姉さんたすけて西川毛布のタグたすけて夜中になで回す顔

というもので、この歌もよく知られていると思います。

どうぞ、飯田さんの第一歌集『リヴァーサイド』をお手に取って、お好きな歌を見つけてくださいね。

 

飯田さんの作品は 『短歌カプセル』にも掲載されています。
『短歌カプセル」はアマゾン「Kindle Umlimited」なら無料で読めます。

 

アマゾンで無料の本を読むには

アマゾンには「Kindle Umlimited」(キンドル アンリミテッド)という、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスがあります。

利用料は月額980円なので、1か月に1~2冊以上読めば、まず元は取れます。初月は30日間無料です。

「¥0 Kindle Umlimited」の表記がある本が無料

アマゾンで表示される本のうち、赤線を引いた部分、「¥0 Kindle Umlimited」の表示のある本は、無料で読める本です。

初回の月は無料体験ができます

申し込み後1ヵ月間は無料です。使わなければ、その間に停止の手続きをすれば無料のままです。

本のサイズのタブレットがおすすめ

パソコンでも携帯でも読めますが、本の大きさのKindle(キンドル)端末、タブレットというのがあれば、携帯より大きい画面で見られます。

いちばん小さい7インチサイズなら寝転がってかざせますし、本を読むのと同じ感覚で読めますのでおすすめです。

タブレットは、いろいろな会社のものがありますが、AmazonのFire 7 タブレットというのが格安なので、これもおすすめです。

Kindle umlimitedで読める歌集は、引き続きご紹介していきます。ぜひ無料体験中にご覧ください。

 





-本・歌集

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.