万葉集 令和

万葉集の「梅花の歌32首」序文全文と現代語訳

更新日:

平成の後の新元号が、「令和」に決まりました。万葉集の「梅花の歌(ばいかのうた)」の序文「初春の例月に気淑く風和ぐ」から取られた言葉が「令和」です。
この、部分の含まれる序文の全文と、序文とは何かを解説します。

スポンサーリンク



万葉集の構成

万葉集は、全部で20巻あり、全部で約4500首の歌が収められています。

各歌は、相聞歌、雑歌、挽歌というカテゴリー別になっており、さらに、その中に、章題がついています。

「梅花の歌」の正式な章題

「梅花の歌」の正式な章題は

「太宰氏大伴卿の宅にして宴する梅花の歌三十二首」というものです。

その後に「故郷を思ふ歌二首」が続き、「後に梅花の歌に追和する四首」が続きます。

「梅花の歌」はそのようにして並んでいる、万招集の第五巻の章の一部分に当たります。

「梅花の歌」序文とは

「梅花の歌」には、そのようにして三十二首の歌が掲載されているわけですが、短歌が出てくる前に、歌ではない文章がついています。それが「序文」です。

「梅花の歌」の場合は、そこに梅の花の短歌を集めた事由がまず述べられています。

序文の内容

すなわち、大伴旅人(おおとものたびと)が、31人のお客を招いて、庭に咲く梅を読み比べるという歌宴を催した。

そこで詠まれた歌が、主人の私の歌を含めて三十二首あり、それらがこの歌です、というのが、この序文の意味ですが、「今から歌を詠もうではないか」というように実況風に記されています。

あるいは、この通りにその場で皆に呼び掛けたものであったかもしれません。

時は天平2年 西暦で730年春、場所は九州の太宰府の公邸ということも記されています。

招かれたのは、九州一円の役人や医師、陰陽師といった人たちでした。

それでは、実際の序文を見てみましょう。古い言葉や漢字は難しいので、適宜現代の漢字に置き換えて記します。

 

梅花の歌三十二首の序文

梅花の歌三十二首 序を并(あわ)せたり

天平二年正月十三日に、帥老(そちろう)の宅(いえ)に集まり、宴会をのぶ。

初春の令月にして、気淑(うるは)く風和(やわ)らぐ。梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)に披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香に薫る。

しかのみにあらず、曙の嶺に雲移りて、松は羅を掛けて盖(きぬがさ)を傾け、夕べの岫(くき)に霧を結び、、鳥は穀(こめのきぬ)の封(と)ざされて林に迷う。

庭には新蝶舞い、空に故雁帰る。ここにおいて、天を蓋(きぬがさ)にし地を坐(しきい)にして、膝を近づけ盃を飛ばす。

言(こと)を一室の内に忘れ、衿(ころものくび)をを煙霞の外に開く。淡然として自らほしいままにし、快然として自ら足る。

もし翰苑(かんえん)にあらざれば、何をもってか心を述べん。詩に落梅の篇を記す。古今とそれ何ぞ異ならん。よろしく園梅を賦して、いささかに短詠を成すべし。

序文の現代語訳

(序文の現代語訳)

天平2年正月13日、帥老の宅に集まって、宴会を開く。あたかも、初春の良き月、気は麗らかにして風は穏やかだ

梅は鏡台の前のおしろいのような色に花開き、蘭は腰につける匂い袋のように香っている。

そればかりではない、夜明けの峰には雲が動き、松は雲の薄絹をかけたように傘を傾ける。

また、夕の山洞には霧が立ち込め、鳥はその霧のとばりに封じ込められたように、林の中に迷い遊ぶ。

庭には生まれたばかりの蝶が舞い、空には去年の雁が北へ帰ってゆく。

さてそこで、 天空を屋根にし大地を敷物としてくつろぎ、膝を寄せ合っては、酒杯を飛ばすごとくに応酬する。

一堂に会しては言葉も忘れ、外の大気に向かっては心をくつろがせる。

さっぱりとして各自気楽に振る舞い、愉快になって満ち足りた思いでいる。

文筆によらないでは、どうしてこの心の中を述べ尽くすことができようか。

漢詩に落梅の詩編が見られるが、古(いにしえ)も今もどんな違いがあろう。

ここに庭の梅を題として、短き歌を試みようではないか。

 

「梅花の歌三十二首」の序文と、その現代語訳は以上です。

created by Rinker
¥1,728 (2019/04/21 08:47:38時点 Amazon調べ-詳細)





-万葉集, 令和
-

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.