平成万葉集

『平成万葉集』番組予告17日9時BSプレミアム/第1回テーマ「ふるさと」

更新日:

一般の人々の短歌を紹介するNHKテレビ番組「平成万葉集」の第1回目が今日の夜、放送されます。

生田斗真と吉岡里帆さんが、平成を生きた人々の心模様を旅します!

スポンサーリンク



平成万葉集

その終わりまでカウントダウンに入った平成の30年

日本人は何に笑い、涙し、怒ってきたのか・・

かつて「万葉集」が天皇から防人まで多彩な歌を集め心の記録としたように、平成に生きた私たちの心模様を短歌から描く大型シリーズが始まります。

今日はその3回シリーズの1回目、テーマは「ふるさと」の短歌です。

平成万葉集 放送日時

【BSプレミアム】4月17日 夜 9:00~10:30

「平成万葉集」番組紹介

平成に生きた私たちの心模様を短歌から描くシリーズのプロローグ。

3本シリーズの第1回目です。

番組詳細

平成の終わる今、31文字に込められた30年の思いをたどる3回シリーズ。
初回テーマは「ふるさと」。

ともに歌を詠む母と娘

岡山県の山深い里で一人暮らす99歳の母。
森深い屋久島でやはり一人暮らす娘63歳。

娘は故郷を離れても母を想い、母もまた娘を思って互いに歌を詠む。
母と娘の『相聞』の短歌。

さびれる町「夕張」での生きる支え

北海道夕張。
街の盛衰を見続けてきた男性88歳は「 負けてたまるか」と歌を詠む。
歌は生きる支えだ。

被災者の短歌

震災と原発事故で故郷を失い、復興への道のりははるか。被災者の歌は痛切だ

前向きに生きると人に言ひつつも前がわからぬと避難者の言ふ 半杭蛍子

 

取り上げられるのは歌人や一般の人々

短歌人口100万人!
詠み人は、天皇皇后、人気の歌人から、年越しをひとり迎えるホームレスや短歌マニアの小学生までさまざまです。

【出演】

生田斗真,吉岡里帆, 尾剛

【短歌監修】

永田和宏

 

『平成万葉集』は 17日夜9時から、BSプレミアムにて放送です。

皆さまで楽しくご覧ください。





tankakanren

-平成万葉集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.