日めくり短歌

西瓜を詠んだ現代短歌 7月27日は「西瓜の日」【日めくり短歌】

投稿日:

西瓜の日にちなみ、今日の日めくり短歌は西瓜を詠んだ歌を、現代短歌より2首ご紹介します。

穂村弘氏と本多真弓氏の作品、いずれも西瓜が昭和レトロで地方色の強い食べ物という印象です。

スポンサーリンク





7月27日は西瓜の日

きょう7月27日は西瓜の日。

夏が西瓜の季節であるのはわかりますが、なぜ27日なのかというと、スイカの特徴である縦の縞模様を、”綱(つな)”に例え、7月27日を「なつのつな」(夏の綱)の語呂合わせで制定されたということだそうです。

「727」の数字を並べてみると、視覚的にもいい感じですね。

西瓜の由来はことば検定に解説があります。

西瓜、なぜ「西」が使われている?【ことば検定】 答え林修

正岡子規は西瓜が好きだった

有名な歌人でいうと、正岡子規は西瓜が好きだったそうなのですが、詠まれたのは、短歌でなく俳句だけだったようです。

横町や祇園祭の西瓜店

もてなしや池へ投げ込む冷し瓜

越し絵を照らす西瓜の灯篭かな

正岡子規の短歌記事一覧は
正岡子規の短歌代表作10首 写生を提唱

 

他の歌人にも、案外西瓜を詠んだものは思い出せませんで、即座に思い出せるのは、現代の歌人の作品より、下の二首です。

 

ふとももに西瓜の種をつけたまま畳の部屋で眠っています

作者は穂村弘さん。「水中翼船炎上中」にある短歌です。

この歌集は、回想の短歌がみな郷愁を誘うものとなっているのですが、この短歌も昭和レトロな雰囲気です。

今は、西瓜はカットスイカなど切られたものが主流ですが、家族の多かった時代には丸のまま買うことが多かったのです。

大きな櫛型に切ったスイカはフォークなども使わず手づかみで、今のように上品に食べるものではなかったので、部屋に種が散らばった憶えがあります。

あるいは、西瓜の種は海で遊んできた名残なのかもしれません。

子どもたちが遊び疲れて眠ってしまった、夏の光景が浮かんできます。

穂村弘歌集『水中翼船炎上中』17年ぶり 時間の変化を可視化

 

嫁として帰省をすれば待ってゐる西瓜に塩を振らぬ一族

もう一首の作者は本多真弓さん。歌集「猫は踏まずに」より。

昭和の食卓にあるスイカは、塩と一緒に供されるのが普通でした。

今は、「西瓜に塩」の定番も少なくなったように思います。少量のカットスイカなら、わざわざ塩を振るまでもないのでしょう。

「塩を振らぬ一族」が大時代的で面白いところです。

猫の短歌猫の短歌 現代短歌より 宇都宮敦 穂村弘 本田真弓

 

今日の日めくり短歌は、西瓜の日にちなむ短歌をお届けしました。

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

アマゾンで無料で短歌の本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-日めくり短歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.