アララギ

もの食ひてこころなごまむふるさとに幾年ぶりか旅のごとく来て 帰省の歌【日めくり短歌】

帰省はお盆の大切なイベントですが、今年は新型コロナの影響で、帰省のあり方も様変わりしています。

お盆に親戚に合えないというのは、お互いさびしい限りです。

きょうの日めくり短歌は、お盆の帰省にちなむ短歌を、吉田正俊の作品からご紹介します。

スポンサーリンク





もの食ひてこころなごまむふるさとに幾年ぶりか旅のごとく来て

作者は吉田正俊。出典は「朱花片」 自選集「草の露」。

アララギ派の歌人 吉田正俊について

作者吉田正俊は、土屋文明に師事したアララギ派の歌人で、福井県生まれ。

大企業の要職にあって歌作を続けた作者が忙しい合間を縫って、故郷に久しぶりに帰った時の心境を詠んだものです。

初句の「もの食いて」に、大勢で卓を囲みくつろぐ作者の心持ちが伝わりますね。

 

続きは

恋ひ恋ひて帰り来し吾にあらなくに街のとよみの様変わりたる

駅まへのかはりし町をゆきすぎて昔のままの家いづくならむ

「とよみ」は響きのこと

聴覚的な変化を通して、故郷の町の変わったことを詠んでいます。

当時は、高度成長期時代、今のように町が寂れたというのではなくて、にぎやかに発展していったということでしょう。

 

ふるさとの名も忘れたる町をゆき茂る木立に思ひをぞする

故郷の地名も離れ住んでいるうちに忘れてしまい、木の陰に遠い記憶をたどるという場面が詠まれています。

都会に長く住んでいるうちに年々遠くなるふるさと。

帰れなかった方も、せめてオンライン帰省で、故郷に待つ人たちとつながれたでしょうか。

 

きょうの日めくり短歌は、帰省にちなむ、吉田正俊の短歌をご紹介しました。

それではまた明日!

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

 
 

 
アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題




-アララギ
-