古今・新古今集

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む 後京極摂政前太政大臣

投稿日:

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む

百人一首に採られた藤原良経、後京極摂政前太政大臣の有名な和歌、現代語訳と句切れや係り結びの修辞法の解説と鑑賞を記します。

スポンサーリンク




きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む

読み:きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねん

作者と出典

作者:後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

出典:百人一首91番   新古今集 518

現代語訳:

こおろぎが鳴く霜の降りた夜の寒々とした筵の上に衣の片袖を敷いて、一人寂しく寝るのだろうか

・・

語と文法

  • きりぎりす…コオロギの古称
  • 鳴くや…「や」は、詠嘆の間投助詞
  • さむしろ…狭筵。藺草などで編んだ敷物。「さむ」は「寒」に通じる掛詞
  • 衣かたしき…「かたしき」は「片敷き」で、独り寝を示す。恋人と寝る時には、互いの衣を敷きかわす習慣があったが、ひとりなので、その片方との意味

「ひとりかも寝む」品詞分解

  • かも…「か」は、疑問の係助詞。「も」は、強意の係助詞。「む」は、推量の助動詞「む」の連体形で「か」の結び。
    「か」と「む」は、係り結びの関係。
  • 寝む…基本形「寝る」 「む」は未来・意志の助動詞

句切れと修辞法

  • 2句切れの句割れ
  • 掛詞
  • 係り結び




解説

百人一首に採られた藤原義経、後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)の後鳥羽院初度百首にある有名な和歌。

古今集の「さむしろに衣かたしき今宵もや我を待つらむ宇治の橋姫」、万葉集の柿本人麻呂「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む」をそれぞれ本歌とする本歌取りの歌。

秋の夜の一人寝の寂しさを詠うが、「きりぎりす」「しもよ」「さむしろ」と、秋の冷えを連想させる言葉を並べることで、一層の侘しさが増すこととなっている。

音調の点では、「きりぎり」の「す」、「もよ」「ろ」「かたき」と、サ行の音を重ねて統一することで、全体が整い、あたかも隙間風が入り込むような風情を醸し出している。

藤原良経はどんな歌人

鎌倉前期の公卿・歌人。忠通の孫で、九条兼実の子。従一位摂政太政大臣に至り、後京極摂政、中御門殿と称された。藤原俊成・定家を後援し、新古今調樹立の基礎を築く「花月百首」「六百番歌合」など多くの歌合を主催して、歌壇の育成に貢献した。「新古今和歌集」の仮名序を執筆し、巻頭歌の作者ともなった。―コトバンクより

藤原良経の他の和歌

かへる雁いまはの心ありあけに月と花との名こそ惜しけれ(新古62)

み吉野は山も霞みて白雪のふりにし里に春はきにけり(新古1)








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-古今・新古今集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.