古今・新古今集

春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えねかやはかくるる 凡河内躬恒

投稿日:

春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えねかやはかくるる

凡河内躬恒(おほしかふちのみつね) の古今和歌集所収の有名な和歌、現代語訳と係り結びを含む修辞法の解説、鑑賞を記します。

スポンサーリンク




春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えねかやはかくるる

現代語の読み:はるのよの やみはあやなし うめのはな いろこそ みえね かやはかくるる

作者と出典

作者:凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

出典:古今集 春上・四一

現代語訳と意味

春の夜の闇はわけのわからないものだ。梅の花は、確かに姿は見えないけれど、その香りだけは隠れるものだろうか、隠れはしない

句切れと修辞法

・2句切れ

※文中2か所の係り結び
●「こそ…見えね」→係り結びの逆説
●「や…隠るる」→係り結びと反語

 

※関連記事:
係り結びとは 短歌・古典和歌の修辞・表現技法解説

語と文法

  • あやなし…名詞「あや」+形容詞「無し」
  • あや…筋道。道理。理由

「見えね」の品詞分解

・見え…基本形「見ゆ」の連用形

・ね…打消しの助動詞「ず」の已然形→ 係り結びの逆接 以下に解説

「香やは隠るる」の品詞分解

・香やは…読みは「かや」。「や」は反語を表し、係り結びを構成する。「は」は格助詞

・隠るる…係り結びのため已然形

※関連記事:
反語を使った表現 古文・古典短歌の文法解説




解説と鑑賞

凡河内躬恒の代表的な和歌作品の一つ。

古今集 春上の 梅の花を詠んだ17首の中にある歌。詞書に「春の夜、梅の花を、よめる」との詞書がある。

梅の花の香りを詠んだ2首連続の2首目の歌。

歌の意味

「あやなし」は夜の闇の暗さと、闇のおぼつかなさを強調した言葉で、それによって梅の香りの強さを誇張して表現している。

さらに、夜の闇と対照することによって、梅の花の白さを浮かび上がらせる視覚的な効果も生じている

係り結びの逆接

下句の「色こそ見えね」は、係り結びの逆接で、文中に置かれ、「花は見えないが」、その後にさらに結句が続く。

解説

「こそ…已然形(この歌では「見えね」)」の場合は、係り結びの逆説用法といい、「ね」の部分を「見えないが」の否定の意味で、あとに続く

 

係り結び2と反語

「香やは隠るる」部分も係り結び「や…るる(已然形)」

反語の「や」は「香は隠れるものだろうか…いや、隠れない」という結論で、梅の香りが強いことを強調して表している。

この歌の前の類似の歌 「梅の花」がテーマの17首

この一首前の歌が

月夜にはそれとも見えず梅の花かをたづねてぞしるべかりける

意味は「月夜には、白い光にまぎれて梅の花の見分けがつかない。梅の花はその美しい香りを探し訪ねてこそ、そのありかを知ることができるのだ。」

さらに、その前にも闇に花の香を詠む同じモチーフの38番の紀貫之作の

梅花にほふ春べはくらふ山やみに越ゆれど著(しる)くぞありける

意味は、「梅の花がにおう春は、暗い山を闇の中にこえるけれども香りではっきりとわかる」

といずれも、梅の花の香りをつあったもの。

凡河内躬恒の他の歌

春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香やは隠るる(古今41)
雪とのみ降るだにあるを桜花いかに散れとか風の吹くらむ(古今86)
花見れば心さへにぞうつりける色には出でじ人もこそ知れ(古今104)
住の江の松を秋風吹くからに声うちそふる沖つ白波(古今360)

凡河内躬恒はどんな歌人

凡河内躬恒 (読み:おおしこうちのみつね )  生没年不詳

平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一人、『古今和歌集』の撰者。紀貫之(つらゆき)につぐ60首の歌がとられている。

感覚の鋭い清新な歌風で叙景歌にすぐれ、即興的な歌才に優れていたことをうかがわせる。

四季歌を得意とし、問答歌などでは機知に富み、事象を主観的に把握して、平明なことばで表現するところに躬恒の特長がある。

アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-古今・新古今集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.