百人一首

風そよぐ楢の小川の夕暮は禊ぞ夏のしるしなりける 百人一首98 藤原家隆

投稿日:

風そよぐ(なら)の小川の夕暮は禊(みそぎ)ぞ夏のしるしなりける

百人一首98 藤原家隆の和歌の現代語訳と一首の背景の解説を記します。

スポンサーリンク




風そよぐ楢の小川の夕暮は禊(みそぎ)ぞ夏のしるしなりける

現代語での読み: かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは みそぎぞなつの しるしなりける

作者と出典

従二家隆(じゅにいえたか) =藤原家隆

『新勅撰集』夏・192 百人一首98

現代語訳と意味

楢の小川と呼ばれる上賀茂神社の御手洗川では、風がそ葉を吹きそよがせ手秋の風情であるが、神社では夏の禊が行われるために夏であることを思い出させてくれる

・・・

語と句切れ・修辞法

一首に使われていることばと文法と修辞法、句切れの解説です

句切れと修辞法

  • 句切れなし
  • 掛詞
  • 係り結び 「ぞ…ける」

語句の意味

・楢…ナラ科の常緑樹と固有名詞の掛詞。
京都の上賀茂神社にある小川のこと

・みそぎ…河原に出て水で身を清める行事。ここでは夏越の払いのこと

・係り結び 「ぞ…ける」の結句は連体形

解説

「新勅撰集」巻3の「夏歌」にある和歌で、「寛喜ぶ元年、女御入内の屏風に、正三位家隆」と詞書のある歌。

過ぎ去っていく季節と夏の風物を置くことで、季節の移り変わりをさわやかに詠んでいる。

歌の中の小川と夏越

ならの小川は、上賀茂神社の境内を流れる小川で、植物の「楢」との掛詞となっている。

木の葉をそよがせる風に、秋の気配を感じ取っているからこそ、夏の名残の「しるし」として、夏越の払いが行われているところに着目している。

夏越の払いは、陰暦6月30日に行われるもの。

藤原家隆について

ふじわらのいえたか 1158-1237 鎌倉時代前期の公卿、歌人。「かりゅう」とも読む。幼名、雅隆。、権中納言光隆の子。宮内卿を経て、非参議従二位。和歌を藤原俊成に学んだ。『新古今和歌集』撰者の一人で、43首入集。







tankakanren

-百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.