万葉集

ぬばたまの夜渡る月をとどめむに西の山辺に関もあらぬかも 万葉集

投稿日:

ぬばたまの夜渡る月をとどめむに西の山辺に関もあらぬかも 作者読み人知らずの1077の万葉集の代表的な和歌を鑑賞、解説します。

スポンサーリンク




ぬばたまの夜渡る月をとどめむに西の山辺に関もあらぬかも

読み:ぬばたまの よわたるつきを とどめんに にしのやまべに せきもあらぬかも

作者

1077 万葉集7巻 雑歌

現代語訳

ぬばたまの夜空を渡る月をとどめるため、西の山辺に関所でもないものか

句切れと修辞

  • 句切れなし

語と文法

・ぬばたまの…枕詞で、「夜」を引き出す

・「関もあらぬかの」の関は、「せき止める」の意味の「塞く」の名詞形。

流れをせき止め、人の出入りを制限するものをさす。

「ぬかも」は、「でもあにものか」の意味

 

解説と鑑賞

万葉集7巻 雑歌より「月を詠む」の一連にある詠み人知らずの歌。

「ぬばたまの夜渡る月」というのが、月が擬人化されたようで面白い表現となっている。

おそらくは、美しい満月であって、いつまでも眺めて痛いが、その月が次第に西に沈んでいってしまうので、惜しむ表現なのであろう。

月をとどめるための何かに「関」ということ場を用いているのが、いっそう人間に置き換えられた月の存在を伝えている。

この歌の一首前は

ももしきの大宮人の罷り出て遊ぶ今夜の月のさやけさ

と月の美しさが愛でられており、次の歌が

この月のここに来れば今とかも妹が出で立ち待ちつつあるらむ

とあるので、妹のため、妻と出会わんがため、月をとどめようとした背景も感じられる。

 

「ぬばたまの夜渡る月を」の類歌と本歌取り

なお、この歌のあと、1081には、この類歌である

ぬばたまの夜渡る月をおもしろみわがいる袖に露ぞ置きにける

がある。

その解説はこちら

他にも4072と3671に

ぬばたまの夜(よ)渡る月を幾夜(いくよ)経(ふ)と数(よ)みつつ妹(いも)は我(われ)待つらむそ

ぬばたまの夜(よ)渡る月にあらませば家なる妹(いも)に逢ひて来(こ)まし

もある。合わせて味わいたい。








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-万葉集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.