本・歌集

宇多喜代子のことば「目分量というのは」朝日新聞「折々のことば」より

投稿日:

宇多喜代子さんのことばが、朝日新聞「折々のことば」において紹介されました。

この言葉が掲載される本と、言葉の主、俳人である宇多喜代子さんについてご紹介します。

スポンサーリンク




折々のことば

朝日新聞の「折々のことば」とは、朝日新聞で毎朝連載される、哲学者鷲田清一さんのコラムです。

鷲田さんが選んだ短い「ことば」が紹介されます。

7月6日は、宇多喜代子さんの下の言葉が取り上げられました

「目分量」宇多喜代子さん

「目分量というのはたいしたもんだなと思う。 -宇多喜代子」

この言葉は、宇多さんの言葉のアンソロジー『厨に暮らす 語り継ぎたい台所の季語』にある宇多産の言葉です。

言葉の意味

言葉の意味は、宇多さんが台所でお母さんに調味料の塩梅(あんばい)を習ったことに由来します。

お母さんは次のように言ったそうです

「お醤油ちょっと入れなさい」

そして

「はい、って言ったら止めなさい」

 

今のように「大さじ何杯。小さじ何杯」というような教え方ではありません。

それが目分量というものです。

目分量の定義

目分量とは

ものさしやはかりを使わず、目で見るだけで大体の分量をはかること。

その目分量を伝授するというのはたいへんなことです。

あくまで、目で「分かる」量ですので、数字で表すものではありません。

料理人などのプロの人は、味を見て、それから多い少ないを判断するようですが、お母さんが子供に教えるときはそうはいきません。

そこで、宇多さんのお母さんは、上のように教えた。それを宇多さんは懐かしく思い出しているのです。

宇多喜代子さんは俳人

この言葉を伝える宇多喜代子さんは俳句を作る人、俳人です。

宇多さんの俳句代表作は

カブトムシ地球を損なわずに歩く 宇多喜代子 大意と表現技法

言葉の掲載本『厨に暮らす』

この言葉は、『厨に暮らす 語り継ぎたい台所の季語』にある言葉です。

本の内容は

つなげよう俳句で。あたたかで確かな、昭和の家事と季語の逸話集。

台所や料理に関わる季語とそれぞれの俳句、それと、レシピが多数掲載されています。







マンガサイトのおすすめ

マンガサイトのおすすめ!




-本・歌集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.