ニュース

初夏の光とともにやってくる入選作品 短歌入選作付句部門  俵万智選

俵万智さんの短歌イベント「俵万智×AI 恋の歌会」で「初夏の光とともにやってくる」の入選作が新聞に掲載されました。

入選作品をご紹介します。

「俵万智×AI 恋の歌会」

スポンサーリンク




「俵万智×AI 恋の歌会」は朝日新聞主催の短歌イベントで、AIの作る短歌を通して、短歌の本質を考察しようというものです。

その中では短歌の投稿「付句」と「恋の歌」が募集され、その入選作が19日の朝日新聞に掲載されました。

「付句」とは

「付句」とは俵万智さんが詠んだ「初夏の光とともにやってくる」を上の句として下の句を続けるという、いわば合作の歌です。

「初夏の光とともにやってくる」(5+7+5) の下の 7+7をつけるという形で募集されました。

もうひとつ「恋の歌」部門と共に、7千首が寄せられています。

その中から選りすぐりの入選作をお知らせします。

 

付句部門1席

付句部門1席の短歌作品は、本城由紀子さんの短歌

初夏の光とともにやってくる三十八歳のままの息子よ

早世した息子さんのことが読まれています。

自身も息子さんがいる俵さんは選歌していて「もらい泣きしてしまう感じがありました」と評しています。

付句部門2席

初夏の光とともにやってくるブレーキ音で君だとわかる

作者は堀晃輔さん。

自転車のブレーキが鳴るその音から、大好きな人がわかる。

「初夏の…」の上句と共に、さわやかな恋愛を感じさせる歌です。

付句部門3席

初夏の光とともにやってくる葉書いちまい君の街から

作者は土屋ひろ菜さん。

メールではなくてはがきというのがめずらしいですね。

その他の入選作については朝日新聞でご覧ください。




今だけ!
kindle Unlimitedが30日間無料

アマゾンKindleアンリミテッドが無料

-ニュース
-,

error: Content is protected !!