赤光

木のもとに梅はめば酸しをさな妻ひとにさにづらふ時たちにけり/斎藤茂吉「赤光」代表作短歌

更新日:

 

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌「木のもとに梅はめば酸しをさな妻ひとにさにづらふ時たちにけり」の解説と観賞です。
このページは現代語訳付きの方です。

「赤光」一覧は 斎藤茂吉「赤光」短歌一覧 現代語訳付き解説と鑑賞 にあります。
「死にたまふ母」は別ページ「死にたまふ母」全59首の方にあります。

スポンサーリンク



木のもとに梅はめば酸しをさな妻ひとにさにづらふ時たちにけり

(読み)きのもとにうめはめばすしおさなづまひとにさにづらうときたちにけり

歌の意味と現代語訳

以下に各ポイントをあげます

【現代語訳】

梅の木の下で、まだ熟しきっていない梅の実を食べたをさな妻が、酸っぱそうな顔をして、はにかんで赤くなるまでに、時が経って妻も成長したのだなあ。

【出典】

「赤光」明治43年 2をさな妻

【歌の語句】

酸し・・・「す」し 酸っぱい
さにづらふ・・・万葉語
「さにづる」 赤い顔をする 恥ずかしそうなはにかんだ顔をする

【表現技法】

「酸し」は基本形なので、二句切れ。
「妻」のあとには「の」の主格の助詞が省略されている。

鑑賞と解釈

さまざまに解釈されて話題になった歌。

島木赤彦は「おさな妻が庭前の梅の下陰に若い木の実を食う」として「食めば」の主語は妻であると考えた。
塚本邦雄はそれを否定している。「食めば」の主語は妻ではなく、むしろ作者であるとする。おそらく「酸し」で句切れになるので「酸っぱい妻」とはつながらないためだろう。

現代語訳は便宜上、つなげて書いてみたが、各自考察されたい。

もっとも塚本はそれをはっきりしないまま味わうのが良いとも考えたようである。
なお、この歌は佐藤佐太郎の「茂吉秀歌」には入っていない。

「をさな妻」の出てくる歌は、いずれも独特の哀感と情緒とを持っているものが多い。

小泉千樫当ての作者の手紙にこの歌について書いた箇所がある。

梅を食っていた時、その味と周囲の関係から、観念の連合作用によって一種不安の気分になったと思ってくれたまえ。心的運動は微妙、甚深である。静かに内製してみても、どうしても母から習った言語だけでは一言で表せない場合が多過ぎる位多い。

類歌

さにづらふ少女ごころに酸漿(ほほづき)の籠(こも)らふほどの悲しみを見し
をさな妻をとめとなりて幾百日(いくももか)こよひも最早眠りゐるらむ

次の歌

おのが身をいとほしみつつ帰り来る夕細道に柿の花落つも

【現代語訳】
自分の身をいとおしくいたわりながら歩んで帰ってくる夕方の細い道に柿の花が落ちるよ

【出典】
「赤光」明治44年 4うめの雨
【歌の語句】
おのが・・・私の
いとほしむ・・・愛しむ いとおしむ
「も」・・・助詞

【表現技法】
句切れなし

解釈と鑑賞

青山の自宅から巣鴨病院に通勤している帰途の風景だったのだろう。

「この歌は少し感傷的だが、しかも清く健やかでもある。そして変に切実であって、しかも甘美な情調がただよっている。」(佐藤佐太郎「茂吉秀歌上」)

類歌

おのが身しいとほしければかほそ身をあはれがりつつ飯食しにけり
おのが身しいとほしきかなゆふぐれて眼鏡のほこり拭ふなりけり
おのが身はいとほしければ赤かがしも潜みたるなり土の中深く

 





tankakanren

-赤光

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.