古今・新古今集 百人一首

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる/藤原敏行朝臣

更新日:

秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

古今和歌集に収録されている、藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)の和歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

スポンサーリンク




秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

読み: あききぬと めにはさやかに みえねども かぜのおとにぞ おどろかれぬる

作者と出典

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

古今和歌集 169

現代語訳と意味

秋が来たという風にはめでははっきりとわからぬが、風の音に、ふと秋だなと感じされられることだ

語句と文法

秋来ぬ「ぬ」過去の完了の助動詞 秋が来た
さやかにはっきりとの意味の副詞
見えねども「ね」は打消しの助動詞「ず」の已然形
「ども」は逆説確定条件の接続助詞「・・・けれども」の意味
音にぞ「ぞ」は強意の助詞
おどろかれぬる「おどろく」は動詞
「れ」は自発の助動詞「る」の連用形
「ぬる」は完了の助動詞「ぬ」の連体形

句切れ

句切れなし

係り結び 修辞法

「風の音にぞおどろかれぬる」 の 「ぞ・・・ぬる」は係り結びが用いられています。

係り結びの法則

係り結びは、「ぞ・なむ・や・か」の係助詞は、そのあとの動詞の連体形と結びつき、「こそ」は已然形と結びつく決まり




解説

「秋立つ日よめる」との詞書きがある藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)の歌。

「秋立つ日」は立秋のことで、その日に秋めいた風が吹いたということで、季節の変化を感覚的にとらえる場面を詠んでいます。

「おどろかれぬる」の「おどろく」は、漢詩に多い表現で、「はっとしてそう気づいた」という意味です。

「目には見えねども」の部分が、風の触感のようなものを想像させます。

繊細な感覚でとらえた「秋」は秋の入り、秋分の日にこそふさわしいでしょう。

 

藤原敏行朝臣について

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

生年不詳~207年 三十六歌仙の一人。

若くして書家としても知られた。

「住の江の岸による波よるさへや夢のかよひ路」の歌が、『古今集』恋・559と百人一首18番にも選ばれている。

アマゾンで無料で短歌の本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-古今・新古今集, 百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.