古今・新古今集

ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな/句切れ掛詞解説

投稿日:

ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな 古今和歌集に収録されているよみ人知らずの和歌の現代語訳、序詞と掛詞、句切れを含む修辞法の解説と鑑賞を記します。

スポンサーリンク




ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな

読み:ほととぎす なくやさつきの あやめぐさ あやめもしらぬ こいもするかな

作者と出典

古今和歌集 469 読み人知らず

現代語訳と意味

ほととぎすが鳴いている。その五月に咲く菖蒲草ではないが、あやめという名のように、筋目もわからない恋をするものだなあ

語句と文法

ほととぎすほととぎすは5月を指す(下部参照)
あやめぐさ今の菖蒲
鳴くや「や」は間投助詞
かな詠嘆の助詞「だなあ」の意味

句切れ

3句切れ

掛け言葉

「あやめ」 菖蒲と綾目  下に解説

序詞

「ほととぎす鳴くやさつきの菖蒲草」の3句は序詞

解説

読み人しらずで作者がわからないながら、おもしろい歌です。

「ほととぎす鳴くや」の意味

ほととぎすは、5月に鳴く鳥とされ、万葉集以来、恋い慕うものを暗示します。

「鳴くや」の「や」で歌の調子を整えながら、「ほととぎす鳴くや」でその後の5月に結び付けています。

「ほととぎす鳴くや=5月」といった方がわかりやすいかもしれません。この部分が序詞です。

なお、陰暦の五月は、今の6月下旬ということで、実際はやや憂鬱な季節であるので、上のような述懐になったようです。

「あやめ」の掛詞

「あやめ」というのは、菖蒲などの、5月に咲く花のことですが、同時に「綾目」の事でもあります。

すなわち、筋目、筋道と同じで、恋の情熱に盲目的になってしまった、ということを指しているのです。

うれしい歌ではなくて、小さな嘆きを含む歌です。

 







tankakanren

-古今・新古今集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.