古今・新古今集 百人一首

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする/式子内親王百人一首解説

投稿日:

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする 式子内親王(しょくしないしんのう)の新古今和歌集に収録されている和歌の現代語訳と修辞法の解説、鑑賞を記します。

スポンサーリンク




玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする

読み:たまのおよ たえなばたえね ながらえば しのぶることの よわりもぞする

作者と出典

式子内親王(しょくしないしんのう) 百人一首89番 新古今和歌集

現代語訳と意味

わたしの命よ。絶えてしまうというなら絶えてしまっておくれ。生きつづけていたならば、恋心を秘めている力が弱って、秘めきれなくなるかもしれないので

語句と文法

絶えなば絶えね「ば」の接続助詞は順接仮定条件
「ね」は命令形
玉の緒命のこと
ながらう長く生きる
しのぶる「忍る」 隠す意味 「ぶれば」は連用形と接続助
弱りもぞ「弱りもする」に強意の助詞「ぞ」を加えたもの

句切れ

2句切れ

解説

後白河法皇の娘であった式子内親王(しょくしないしんのう、または、「しきしないしんのう」ともいう)が詠んだ百人一首の89番の短歌。

人に知られることのできない、「忍ぶる恋」を歌ったものとされ、「恋情に命の気息を響かせて、哀切さをきわめた全人的抒情である。」(峯村文人)と評されています。

人の世の恋のあわれの極限を命である「玉の緒」を用いて、激情的に訴えながら気品の高い秀歌とされています。

恋愛を禁じられた斎院

式子内親王は斎院という立場の人であったので、恋愛を禁じられていました。

相手は誰かというと、藤原定家の名前がよく上げられますが、これは伝説に過ぎないとも言われています。

定家の日記「明月記」には内親王の病状に一喜一憂するさまがつぶさに記録されていますが、果たしてどうだったのか。

あるいは歌人としての深い敬意がそうさせたのかもしれません。

また、式子内親王は萩原朔太郎も好んだ作者の一人です。

馬場あき子の解説

この歌については、短歌の韻律の観点から、歌人の馬場あき子さんが解説をしたものがあります。

三句に置かれた「存へば」は意味的には下句につづくものであるが、先の遍照の歌のように、つづかない二句につづけて三句切れで詠むと「存へば」に深い思索の思い入れが加わる。

また、二句で切って、「存へば」を下句にかかる読みの中で、「存へば忍ぶることの 弱りもぞする」と、四句に小さな切れを入れると、「忍ぶること」への思い入れの心がにじむ。

このように、句切れは、感動の在りかを示す空白として、さまざまな<読み>の工夫と共にあったことも忘れてはならない。そのことが歌詠みの韻律論を複雑にもし、豊饒にもしてきたのである。歌の切れ目と句切れの韻律「韻律から短歌の本質を問う」1馬場あき子

 

式子内親王の歌人解説

式子内親王(しょくしないしんのう、または、「しきしないしんのう」

久安5年(1149年) - 建仁元年1月25日(1201年3月1日)

日本の皇族。賀茂斎院。新三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。後白河天皇の第3皇女。

和歌を藤原俊成に学び,憂愁に満ち,情熱を内に秘めた気品の高い作品を残した。







tankakanren

-古今・新古今集, 百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.