万葉集

桜花咲きかも散ると見るまでに誰れかもここに見えて散り行く/万葉集 柿本人麻呂歌集

更新日:

桜花咲きかも散ると見るまでに誰れかもここに見えて散り行く 万葉集の桜の短歌から一首をご紹介します。

柿本人麻呂歌集収録の桜を詠んだ有名な短歌の、現代語訳と品詞分解、文法の説明や解説鑑賞を記します。

スポンサーリンク




桜花咲きかも散ると見るまでに誰れかもここに見えて散り行く

読み:さくらばな さきかもちると みるまでに たれかもここに みえてちりゆく

作者と出典

万葉集 柿本人麻呂歌集 巻12-3129

現代語訳と意味

桜の花が咲き散るのかと思うほどに、誰なのだろう、ここに見えて散っていくのは

解説と鑑賞

歌の前に「羈旅発思(旅に思いを発(おこ)した歌)と記されている一連の歌の3首目にある短歌です。

旅人本人の歌と見送る人の歌が混じっている一連の中の歌で、旅する人々を見て歌った内容です。

旅する人々が行き過ぎるさまを見て、はかなさを感じ、それをあわただしく散る桜にたとえて、桜の花の有様から詠み始めて、一首をまとめています。

「咲きかも散る」

「咲きかも散る」の「咲き散る」というのは、花が散ることを、万葉集の時代では「咲き散る」といったそうですが、「かも」が挟まれているところを見ると、単に「散る」ことよりも、「咲いたかと思ったら散る」ということを表しているのでしょう。

「咲いたかなと思ったら」の疑問の意味の係助詞。正確には、「係助詞「か」に係助詞「も」が付いて一語化したもの」です。

「見るまでに」の「まで」は、時間と思考の経過と結果を表しているようです。

「かも」の効果と意味

「誰かも」の「かも」は先ほど出てきた「咲きかも」と同じ言葉で調子をそろえています。

「かも」で調子が整うのはもちろんですが、一首の構成からも大切な意味があります。

たくさんあって特定のしようもない桜の花びらと、同じく混雑して誰かわからない人、その「花」と「人」が、このように「かも」と同じ助詞を使うことで、等しく並置されていることがわかるようになっています。ここでは、その「桜の花のような人」であるのです。

事物の何を表すか

では、その桜の花の属性はというと、同じ桜でも、桜を見てその美しいさまを表すこともできます。

あるいは、美しいというより、「可憐で可愛い花」とみることもできますね。

つまり、同じ桜の花であっても、いろいろなとらえ方ができるのですが、ここでは、桜は咲いたり散ったりする花、花の開花期の短い花という点を強調しています。

桜の散るところだけをスナップのように描いた歌というのは、割と多いのですが、「咲いたり散ったり」というところが、この歌の特色です。

言い換えれば、「散らない桜」を歌に描くことも可能なのですが、上のような時間経過を含むとらえ方をしている。

桜の開花の「点」ではなくて「線」であるところを取り上げて表しているわけですが、それが逆に、短さや、はかなさの表現となっているのもおもしろいところですね。

そして、その桜の花になぞらえて、旅する人がここを通ってはまたどこかへ行ってしまう、その無常感のようなものを表しているのがこの歌の主題です。

この歌と少し似た歌に、百人一首の有名な歌、「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関/蝉丸」というのがありますので、併せて鑑賞してみてください。

柿本人麻呂歌集とは

柿本人麻呂歌集( 読み)かきのもとのひとまろかしゅう

万葉集には「柿本人麻呂歌集より」といって、そこに載っていた短歌から掲載された歌がたくさんあります。

万葉集より以前にある和歌集で、柿本人麻呂が、2巻に編集したものと考えられています。

人麻呂作もありますが、作者不詳の歌も多くあり、この歌もそのひとつとなっています。

桜の歌は他にもありますので、併せてお読みください。

アマゾンで無料で短歌の本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-万葉集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.