短歌・和歌

をととひのへちまの水も取らざりきの意味と解釈 正岡子規「辞世の句」

更新日:

をとゝひのへちまの水も取らざりき

正岡子規の辞世の句、「絶筆三句」といわれる有名な一句です。

1896年に詠まれた「正岡子規の絶筆三句」の3句目の意味をご紹介します。

スポンサーリンク




をとゝひのへちまの水も取らざりき

読み:おとといの へちまのみずも とらざりき

作者と出典

正岡子規

 

「糸瓜忌」正岡子規の亡くなった日

正岡子規の亡くなった日は、1902(明治35年)9月19日。

満34歳という若い年齢でした。

亡くなる際に詠んだ俳句、辞世の句、絶筆三句とよばれるものが、下のものです。

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
痰一斗糸瓜の水も間に合はず
をとゝひのへちまの水も取らざりき

この歌は、絶筆三句の3句目のものです。

 

「をとゝひのへちまの水も取らざりき」の意味

「をとゝひのへちまの水も取らざりき」の句の意味するところを考えていきます。

糸瓜栽培の目的

この場合の糸瓜とは、花や実の鑑賞のためではなく、茎を切ったところから滴り落ちるわずかな水を薬として採取する目的で栽培したものでした。

正岡子規の看護をしていた、妹の律が植えたものとも言われています。

また、糸瓜の水は、結核で臥していた子規の痰を取る薬、去痰剤としても用いられていたようです。

薬のない時代には、糸瓜の水は大切なものだったのです。

「おととい」は十五夜

そして、この糸瓜の水は、十五夜の夜に採ったものは、病によく効くという言い伝えがあったそうです。

自らの死期を悟った正岡子規は、一句目の「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」で、自分を「仏」と呼んでいます。

そして、「痰一斗糸瓜の水も間に合はず」。痰が立て続けに出て呼吸の苦しい、死期の迫った「仏」である自分には、わずかな糸瓜の水は「間に合わない」というのです。

さらに、三句目で、「糸瓜」をモチーフに続けようとして浮かんだのが、一昨日の十五夜に、糸瓜の水を取らなかったという述懐です。

 

「取らざりき」の解釈

この句の解釈にはいろいろな見方があるようで、採らなかったことを悔悟していると述べている人もいます。

例えば下の記事が示すようなものです。

十五夜に取ったへちま水を飲むと痰(たん)が切れるという伝承があった。それすら取れなかったことを嘆きながら、子規は逝った。 ―日本農業新聞 https://www.agrinews.co.jp/p51925.html

 

俳句を詠むこころ

大体、短歌や俳句の人というのは、一つのモチーフにできるだけたくさんのことを思いついて歌にしようと思っているものです。

短歌ですと、よく「歌詠みの卑しさ」という言葉があって、とにかくとことん、モチーフをいじくりまわすのが常の事です。

「糸瓜」をモチーフに思いつく事実を子規は述べたのであったでしょう。

「おとといも」の「も」の意味

そして、なぜ、糸瓜の水を採らなかったのかを推察すると、子規の病状は急変したのではなくて、おそらくその前から病状の悪化や、呼吸困難が起こっていたのではないかと思われます。

病の重篤さにとても「間に合わない」のであって、それゆえに、昨日もおとといも採らなかった。

それが助詞の「も」の意味であろうと思われます。

世にあるものへの愛惜

良いとされている十五夜である一昨日も採らなかった、ということを、子規は疲れた肉体でふと思い起こす。

もはや仏になろうとしている人には、薬、しかも民間の伝承の薬である糸瓜の水などは不要なのです。

まだしも元気であった時には、あんなにも大切であった糸瓜の水、それすらが要らなくなったということを、子規は死の床において自ら書き留めます。

しかしその意味は、悔悟や治癒への執着ではありません。もはや自分は「痰のつまりし仏かな」の「仏」なのですから。

死の迫った肉体はもやは薬も水を要しないが、かたや精神は死を目前としても、糸瓜の水に示されるこの世のものに愛惜を示す。

自らの命をつなぐ糸瓜の水と、そして、それを現し得る俳句が、いままさに肉体ではなく、子規の精神をこの世につなぎとめていることがこの句によってわかります。

それがこの句の底にある意味でしょう。

正岡子規が亡くなったのは14時間後の翌日だったといいます。

この糸瓜を詠んだ絶筆の俳句によって、子規のなくなった今日は、糸瓜忌と呼ばれているのです。

絶筆三句の他の俳句の解説は、以下の記事にあります

絶筆三句が詠まれた時の状況

これらの歌が詠まれた時の状況は

明治三十五年九月十八日、朝から容体の思わしくなかった子規は、妹の律と碧梧桐に助けられながら、かろうじて筆を持つと、画板に貼った唐紙の先ず中央に「糸瓜咲て」と書きつける。ここで碧梧桐が墨をついでやると「痰のつまりし」と書いた。また墨をついでやると、「佛かな」書き終え、投げるように筆を捨てながら続けざまに咳をするが、痰が切れずにいかにも苦しそうであった。ようやく痰が切れると「痰一斗」の句を書き、また咳をする。さらに間を置いて「をとゝひの」の句を少し斜めに書き、筆をやはり投げ捨てた。筆は穂先のほうから白い寝床の上に落ちて、少しばかり墨のあとをつけた。この間、子規は終始無言であった。―http://burari2161.fc2web.com/masaokasiki.htm

 

子規絶筆の俳句の画像

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11299468

正岡子規の文学運動

正岡子規は、結核に罹患、その後は寝たきりのまま、俳句と短歌の革新を進める、文学運動を展開しました。

糸瓜の棚は、寝たきりの子規に見えるように、窓のむこうにしつらえたもの。

窓には当時はまだ珍しかったガラスが、窓を閉めたまま外が見えるように高浜虚子の手配ではめられました。

子規はたいへんに喜んだといいます。

わずか34年の生涯であったわけですが、俳句において以上に、短歌の文学史において、子規の果たした「短歌革新」の役割は大きく、近代短歌は子規によって開かれたと言っても過言ではありません。

正岡子規の有名な俳句

正岡子規の有名な俳句は他に下のようなものがあります。

柿くえば鐘がなるなり法隆寺
鶏頭の十四五本もありぬべし
いくたびも雪の深さを尋ねけり
島々に灯をともしけり春の海
赤とんぼ筑波に雲もなかりけり
島々に 灯をともしけり 春の海
若あゆの二手になりてのぼりけり
夏嵐 机上の白紙 飛び尽す
春や昔十五万石の城下哉

 

正岡子規の有名な短歌

子規の短歌については、下の記事をご覧ください

正岡子規の短歌代表作10首 写生を提唱

正岡子規の経歴

正岡子規 (まさおかしき)

俳人・歌人。名は常規、別号に獺祭書屋主人・竹乃里人等。東大国文科中退。初め政治を志したが、哲学次いで文学に転じる。俳諧の新たな史的考察によって俳句革新を志し、次いで「歌よみに与ふる書」を発表、短歌革新にのり出し、高浜虚子らの「ホトトギス」刊行を支援した。また写生文の必要を説いて優れた随筆を発表する。カリエスによる長い病床生活を送ったが、その精力的な活動により、俳句・短歌に近代文学としての位置を確立した。明治35年(1902)歿、34才。 ―コトバンクより







tankakanren

-短歌・和歌
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.