短歌・和歌

檀一雄の辞世の句と短歌 命日夾竹桃忌【日めくり短歌】

更新日:

檀一雄の忌日、夾竹桃忌は1月2日です。檀一雄は太宰治の親友の一人でもあった昭和の作家です。

今日の日めくり短歌は檀一雄の辞世の句2首と短歌1首をご紹介します。

檀一雄の命日

1月2日は、小説家、檀一雄の命日です。

その1976年(昭和51年)1月2日は、夾竹桃忌と呼ばれています。

檀一雄は、太宰治と交流が深かった4人の親友の内の一人で、「走れメロス」のモデルとなったのは、檀一雄とのエピソードだと思われます。

 

檀一雄の辞世の句

檀一雄の辞世の句として伝わっているものが下のもの

 

モガリ笛いく夜もがらせ花二逢はん

作者:檀一雄

「花に」の「に」が「二」となっていますが、 病床で最後に書かれたものだそうですので、これはカタカナの「二」ではないかと思われます。

もがり笛は冬の季語

もがり笛は漢字で「虎落笛」。

笛のことではなくて、冬の風の音を笛と見立てた成語で、「冬の激しい風が柵(さく)などに吹きつけて笛のような音で鳴ること」、俳句の冬の季語です。

 

落日を拾ひに行かむ海の果

こちらの俳句は檀一雄が愛したポルトガルで詠まれた作品で、海の水平線の向こうに沈む夕日を詠ったものです。

この俳句の碑が、リスボンから少し離れたプライア・デ・サンタクルスという浜辺の町に立っています。建立は1992年。

短歌については下の作品が伝えられています。

 

南の阿波岐の浜に我在りて想ふ事なし年暮れにけり

読み:みんなみの あわきのはまに われありて おもうことなし としくれにけり

「阿波岐浜」は、宮崎県阿波岐町の海辺で、大晦日に泊った時の作品。

檀一雄には『檀一雄歌集』(皆美社1978年)というのがあって、辞世の句の他にも短歌が多く詠まれていました。

檀は、妻リツ子と結婚、一児を授かりますが妻が結核に倒れます。

小説『リツ子・その愛』より

われ在りと肌触れ告げむおのれだに明かすすべなし妻病み果つる

ふるへつつより添ふいのちありといふかぬばたまの夜眼(よめ)暗くしていきどほろしも

妹と植ゑし庭べのさ韮生ひにけりそを取り喰うて羹(あつもの)に泣く

あざらけき玉葱の茎青く切り辛くも堪ゆるいのちにてあらし

 

そして、看病の甲斐なくリツ子は亡くなります。

荒磯のうしほに濡るる赤き雲丹の赤きを妹が口にふふまする

おしなべて月のくだくる波のむたみだるるうれひありつつ憩ふ

『リツ子・その死』より。

檀一雄の”魂の彷徨”はあるいはこの頃から強くなったのかもしれません。

他に、伝統的な枕詞に始まる作品も

たまゆらの草の葉末の雲に宿る月の光のいのちうれしき

以上今日の日めくり短歌は、檀一雄の辞世の句と短歌をご紹介しました。

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

 
アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-短歌・和歌
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.