百人一首

夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ 清原深養父

投稿日:

夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ

世の短さを詠った百人一首の清原深養父の和歌、現代語訳、修辞法の解説と鑑賞を記します。

スポンサーリンク




夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ

作者:清原深養父(きよはら の ふかやぶ)

出典:古今集 百人一首36

現代語訳:

夏の夜はまだ宵の口だと思っているうちに、もう夜が明けてしまうくらい短い。

これではいったい雲のどの辺りに、月はとどまっていられるのだろうか。

・・

語と句切れ・修辞法の概要

・宵…夜に入って間もない頃

・ながら…接続助詞の逆接 意味は「…けれども。…のに。」

・あけぬるを…基本形「明く」 夜が明ける

・いづこ…場所についていう不定称の指示代名詞 「どこ」

・やどる…「宿る」 自動詞ラ行四段活用 意味は「とどまる」

・らむ…推量の助動詞 連体形

※ 「いづこ」に呼応して連体形のむすびとなる

「あけぬるを」の品詞分解

基本形「明く」+「ぬる(完了の助動詞 連体形)」

「を」…接続助詞

句切れと修辞

句切れなし

擬人法




解説

古今集には、「月のおもしろ刈りける夜 暁がたに詠める」との詞書がある。

夏の夜の短さから、素朴な思いつきを平易に表現している作品。

「宵」は暗くなって夜9時ぐらいまでを表す言葉だが、誇張があり、詞書の「暁がた」の「暁」は夜明けのことなので、夜の短さがなお一層強調されている。

月が宿る

月には「隠れる」という動詞が用いられることが多いがここでは、人が「泊る、とどまる」の「意味の宿る」が使われており、月を人に見たてた擬人法が用いられている。

月を身近な存在とするところから、素朴な疑問につなげている。

清原深養父とは

『古今集』時代の人。『古今集』以下の勅撰(ちょくせん)集に41首が入集。

百人一首の42番は孫の清原元輔の作品で、62番の「枕草子」の作者でもある清少納言の曽祖父にあたる。

清原深養父の他の和歌

うちはへて春はさばかりのどけきを花の心や何いそぐらむ(後撰92)
花ちれる水のまにまにとめくれば山には春もなくなりにけり(古今129)
冬ながら空より花の散りくるは雲のあなたは春にやあるらむ(古今330)
恋ひ死なばたが名はたたじ世の中のつねなき物と言ひはなすとも(古今603)







tankakanren

-百人一首
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.