短歌・和歌

夏至の短歌 一年で昼が最も長い日を詠む

更新日:

夏至というのは、昼が最も長くなること。何となく不思議な日に思われますね。

きょう、夏至の日の日めくり短歌は、夏至をテーマに詠んだ短歌をご紹介します。

スポンサーリンク




夏至とは

夏至は、一年のうちで昼(日の出から日没まで)が最も長く、夜が最も短くなる日です。

北海道の知床岬は、日の出の時間が早まり、3時39分が日の出の時間で、最も昼の時間が長くなる土地の一つです。

「夏至(げし)」は、「二十四節気」の一つで第10番目にあたり、「夏至」の日付は、近年では6月21日または6月22日。

これは、毎年決まっているわけではなく、年によって違いがあります。

今年2021年の夏至は、6月21日です。梅雨のさなか、田植えの時期であるのは毎年変わりありませんね。

・・

夏至の短歌

日が長くなるというのは、感覚的に不思議なものがあり、季節の一つの区切りとしても、短歌や俳句でも夏至を題材にして詠んだ作品が多いです。

高浜虚子の俳句、「夏至今日と思ひつつ書を閉ぢにけり」もまさに夏至の日の意識を詠んだ句です。

夏至を詠んだ短歌を見ていきましょう。

 

夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ

作者:清原深養父 古今集 百人一首36

夏至の日を直接詠ったものではないですが、夏の夜の短さが主題のよく知られた百人一首の和歌です。

 

夏至の日はうすく曇りて連山をつつめる雲のゆれのぼりゆく

作者:津田治子

作者はアララギ派の歌人。ハンセン氏病を病み、九州の療養所で見つめた風景です。

津田治子の生涯と短歌「歌人・津田治子」より

 

夏至の日のながき日暮にゆく道の額紫陽花は雨に鮮(あたら)し

作者:上田三四二(みよじ)

上句は夏至の特性、それと梅雨の花であるガクアジサイと雨を詠み、季節感にあふれています。

関連記事:
ちる花は数限りなしことごとく光をひきて谷にゆくかも/上田三四二代表作桜の短歌

 

一日が過ぎれば一日減ってゆくきみとの時間もうすぐ夏至だ

作者:永田和宏

病で命の期限が告げられた妻。

夏至は時間の流れを示すものですが、少しでも長く生きてもらいたい思いなのでしょう。

関連記事:
永田和宏の短歌代表作品 歌人・生物学者 瑞宝中綬章を受章

 

父を見送り母を見送りこの世にはだあれもゐないながき夏至の日

作者:永井陽子

孤独な心持の時は早く過ぎてほしい。

そのようなときは、夏至は長すぎるほど長い日ともいえます。

 

夏至のひかり胸にながれて青年のたとふれば錫のごとき独身

作者:塚本邦雄

錫(すず)は、金属の一種で、言ってみれば、銀のようにきらびやかではないが、控えめに銀色の美しい光を放つもので、初句「夏至のひかり」と呼応するものとなっています。

金色の真夏のひかりではなく、もっと落ち着いた光にたとえているのです。

 

一年で夜が最も短く、昼の長いきょう夏至の日、皆さまも物事に時をかけて豊かにお過ごしください。

きょうの日めくり短歌は、夏至を詠んだ短歌をご紹介しました。







tankakanren

-短歌・和歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.