古今・新古今集

三十六歌仙の歌人一覧と有名な作品

投稿日:

三十六歌仙とは藤原公任(きんとう)の選んだ秀歌撰の歌人とその歌のことです。

三十六歌仙の歌人の名前と順番、各歌人の作品数と中でも有名な歌人とその作品を一覧で示します。

スポンサーリンク




三十六歌仙とは

三十六歌仙とは、平安中期の歌人、藤原公任(きんとう)の選んだ秀歌撰『三十六人撰』に選ばれた、万葉中期から当代直前までの有力歌人たちです。

それぞれの和歌は『万葉集』『古今集』『後撰集』『拾遺集』に掲載された作品。他にも、それぞれの歌人の個人の歌集『私家集」などにある作品から選ばれています。

 

三十六歌仙の歌人と時代 出典

以下に三十六歌仙の歌人と活躍した年代、生没年不詳の場合は時代名を含めて記します。

また、三十六歌仙に選ばれた和歌の、主な出典を記します。

1柿本人麿
かきのもとのひとまろ
持統王朝
万葉集
2山部赤人
やまべのあかひと
奈良
万葉集
3大伴家持
おおとものやかもち
奈良
万葉集
4猿丸太夫
さるまるだゆう
奈良・平安
古今集
5小野小町
おののこまち
平安
古今集
6僧正遍照
そうじょうへんじょう
平安
古今集
7在原業平
ありわらのなりひら
825-880
古今集
8藤原敏行
ふじわらのとしゆき
910没
古今集
9素性法師
そせいほうし
平安初期
古今集
10坂上是則
さかうえのこれのり
930没
古今集
11壬生忠岑
みぶのただみね
868-965
古今集
12凡河内躬恒
おおこうちのみつね
平安中期
古今集
13紀友則
きのとものり
906年没
古今集
14紀貫之
きのつらゆき
872-945
古今集
15藤原兼輔
ふじわらのかねすけ
877-932
古今集
16大中臣頼基
おおなかともによりもと
958年没
拾遺集
17藤原興風
ふじわらのおきかぜ
平安前期
古今集
18源公忠
みなもとのきんただ
889-948
拾遺集
19源宗于
みなもとのむねゆき
929年没
古今集
20伊勢
いせ
939年没
古今集
21藤原敦忠
ふじわらのあつただ
906-943
拾遺集
22清原元輔
きよはらのもとすけ
908-990
拾遺集
23大中臣能宣
おおなかとみのよしのぶ
921-991
拾遺集
24源順
みなもとのしたごう
911-983
拾遺集
25源信明
みなもとのさねあきら
910-970
拾遺集
26中務
なかつかさ
平安中期
新古今集
27藤原朝忠
ふじわらのあさただ
910-966
拾遺集
28藤原清正
ふじわらのきよただ
958年没
新古今集
29藤原元真
ふじわらのもとざね
平安中期
新古今集
30藤原仲文
ふじわらのなかぶみ
923-992
拾遺集
31斎宮女御
さいぐうのにょうご
929-985
新古今集
32藤原高光
ふじわらのたかみつ
940-994
新古今集
33源重之
みなもとのしげゆき
1000年没
新古今集
34平兼盛
たいらのかねもり
990年没
拾遺集
34壬生忠見
みぶのただみ
平安中期
拾遺集
36小大君
こだいのきみ
平安中期
拾遺集

 




三十六歌仙の有名な歌人

このうち、特に有名な歌人とその歌人の特に有名な作品をあげておきます。

柿本人麿

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

大君は神にしませば天雲の雷の上に廬せるかも

柿本人麻呂の短歌一覧

柿本人麻呂の短歌一覧

山部赤人

田子の浦ゆうち出でてみればま白にぞ富士の高嶺に雪は降りつ

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

大伴家持

うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば/大伴家持「万葉集」

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

大伴家持の短歌一覧

大伴家持の短歌一覧

小野小町

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに/小野小町

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものはたのみそめてき/小野小町

小野小町の短歌一覧

小野小町の短歌一覧

僧正遍昭

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ/僧正遍昭

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

在原業平

ちはやぶる神世も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと 在原業平

在原業平の短歌一覧

小野小町の短歌一覧

藤原敏行

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる/藤原敏行朝臣

住の江の岸による波よるさへや夢の通ひ路人目よくらむ 藤原敏行朝臣

※百人一首にも所収

壬生忠岑

有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし 壬生忠岑

※百人一首にも所収

凡河内躬恒

住の江の松を秋風吹くからに声うちそふる沖つ白波 凡河内躬恒

心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花 凡河内躬恒

※百人一首にも所収

紀友則

久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ 紀友則

※百人一首にも所収

紀貫之

袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ/紀貫之

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける/紀貫之

※百人一首にも所収

伊勢

難波潟短かき蘆の節の間も逢はでこの世を過ぐしてよとや

※百人一首にも所収

平兼盛

しのぶれど色に出でにけりわが恋は 物や思ふと人の問ふまで 平兼盛

※百人一首にも所収 →百人一首の和歌 全百首と解説ページインデックス

 

三十六歌仙の構成

三十六歌仙の構成は、藤原公任の決めたものとなっており、歌人の順番、和歌の数にも違いがあります。

三十六歌仙に選ばれた和歌の数

三十六歌仙に選ばれた歌人それぞれの和歌の作品の数は、

柿本人麿 紀貫之 大河内躬恒、伊勢、平兼盛、中務の6人が10首ずつ、他は3首ずつ

三十六歌仙の歌人の配列

三十六歌仙に選ばれた歌人

柿本人麿、紀貫之、大河内躬恒、伊勢、大伴家持、山部赤人他30人の歌人、平兼盛、中務

の順となっています。

以上、三十六歌仙の歌人の名前と順番、有名な歌人とその作品をお知らせしました。







tankakanren

-古今・新古今集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.