短歌・和歌

寂しさに海を覗けばあはれあはれ章魚(たこ)逃げてゆく真昼の光 北原白秋

投稿日:

寂しさに海を覗けばあはれあはれ章魚(たこ)逃げてゆく真昼の光 作者北原白秋のよく知られた歌です。

半夏生のきょうの日めくり短歌は、北原白秋の蛸の短歌をご紹介します。

スポンサーリンク





半夏生とは

半夏生とは何かというと、半夏(はんげ)という薬草が生える頃というのが、その意味です。

半夏生の日は、正確には天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日とされ、年によって、7月1日、または7月2日にあたります。

そして、この頃までには田植えを終えるのが良いとされ、その稲がよく根付くようにと、足のたくさんある蛸を食べるのが習わしとなっています。

北原白秋の初期の歌集『雲母集』には、海辺で詠んだ一連の短歌があり、その中には、蛸の短歌でよく知られた作品があります。

 

寂しさに海を覗けばあはれあはれ章魚(たこ)逃げてゆく真昼の光

読み:さびしさに うみをのぞけば あわれあわれ たこにげてゆく まなつのひかり

現代語訳と意味

寂しい気持ちを抱えて海をのぞき込むと、おやおや、潜んでいた蛸が逃げていくよ、真昼の光の中で

 

句切れと修辞法

  • 句切れなし
  • 体言止め

 

一首の解説と鑑賞

北原白秋の歌集『雲母集』より、海の風景を詠んだ「庭前小景」一連の中の一首。

その頃白秋は姦通事件を経て、人妻であった松下俊子と家族と同居、海辺での暮らしでこころの平穏を取り戻している時期の歌となる。

寂しい気持ちで、思わず海の底をのぞき込んだところ、何もいないと思った岩陰に蛸がいて、さっと逃げて行ったという情景と、それに伴う心境を表す。

「あはれあはれ」の意味

「あはれ」の意味は、感動詞「ああ。あれ」。

「あはれあはれ」で、「おやおや」などの意味になる。

蛸がいたことで寂しさが払しょくされていく様子が読み取れる。

その転換に「あはれあはれ」の言葉が入っており、字余りの6文字であるところにも効果がある。

結句「真昼の光」の意味

結句の「真昼の光」には、短歌の表現法である「省略」があり、海に差す光だけではなく、渚と海辺の辺り一面の景色を暗示する。

覗いていた海底から視線を移動し、目に入る光の風景に伴って、作者の寂しい心持の心境の変化がある。

実際に『雲母集』は、恋愛に伴う一連の事件で、打ちのめされていた白秋の心の回復がテーマとなっている。

『雲母集』の他の蛸の短歌

他に『雲母集』蛸の短歌としては 畑の葱と蛸壺を重ね合わせた歌がある。

蛸壺に蛸ひとつづつひそまりてころがる畑の太葱の花

 

斎藤茂吉への影響

斎藤茂吉は、北原白秋のこの時期の歌を讃嘆、自らもそれに学ぼうとして手紙を送り、白秋の訪ねた三崎を訪問、自らも海辺に題材をとった歌を発表している。

一連の歌

庭前小景

寂しさに海を覗けばあはれあはれ章魚(たこ)逃げてゆく真昼の光

章魚を逃がし海を覗けば章魚が歩行(あるく)ほかに何にもなかりけるかも

海底の海鼠のそばに海胆(ひとで)居りそこに日の照る昼ふかみかも

動かねどをりをり光る朱海胆(あかひとで)しみらに見れば歩めりにけり

寂しさに手足動かす朱海胆で海胆(なまこ)の上に重なりにけり







tankakanren

-短歌・和歌
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.