教科書の短歌

岡に来て両腕に白い帆を張れば風は盛んな海賊の歌 斎藤史

投稿日:

岡に来て両腕に白い帆を張れば風は盛んな海賊の歌 斎藤史

斎藤史の代表的な短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。

教科書や教材に取り上げられる作品です。

スポンサーリンク




岡に来て両腕に白い帆を張れば風は盛んな海賊の歌

読み:
おかにきて りょううでにしろい ほをはれば かぜはさかんな かいぞくのうた

作者と出典

斎藤史 『魚歌』

現代語訳と意味

丘の上で白い袖を船の帆のように広げると、勢いよく吹き付ける風が海賊の歌のように思う

語句の意味と文法解説

  • 張れば…「ば」は接続助詞 順接仮定条件 「・・・すると」「したので」の意味
  • 盛んな…風の勢いの強い様子
  • 海賊の歌…風の比喩

句切れと修辞・表現技法

  • 句切れなし
  • 体言どめ

 

解説と鑑賞

斎藤史の1940年発行『魚歌』にある作品で、教科書や教材に取り上げられている。

当たりを見渡す丘の上で、風を両腕に受ける時のすがすがしい気持ちを詠っている。

船の比喩と置き換え

丘の上から見渡す様子が大海原、自らの姿を船として、両腕の下の衣服のはためきを、船の帆にそれぞれ比喩として見立てている。

そしてその時風の音を、「海賊の歌」とする想像がある。

海賊のイメージの奔放さは、すなわち作者の若さであろう。

向かってくる風をものともせずに、立ち向かう時の、心の張りが若々しさを伝えて来る。

斎藤史『魚歌』の他の作品

  • はとばまであんずの花が散つて来て船といふ船は白く塗られぬ
  • 遠い春湖(うみ)に沈みしみづからに祭りの笛を吹いて逢ひにゆく
  • 濁流だ濁流だと叫び流れゆく末は泥土か夜明けか知らぬ
  • (ぬか)の真中(まなか)に弾丸(たま)を受けたるおもかげの立居に憑きて夏のおどろや

斎藤史について

さいとう‐ふみ【斎藤史】
[1909~2002]歌人。東京の生まれ。二・二六事件に連座した瀏(りゅう)の長女。モダニズムの影響を受けて独自の歌風を築く。女流歌人初の芸術院会員。歌集に「魚歌」「ひたくれなゐ」「渉りかゆかむ」など。―コトバンクより







tankakanren

-教科書の短歌

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.