古今・新古今集

ほのぼのと春こそ空に来にけらし天の香具山霞たなびく 後鳥羽院

更新日:

ほのぼのと春こそ空に来にけらし天の香具山霞たなびく

後鳥羽院の新古今集収録の和歌の現代語訳と、文法や修辞、語の意味を解説・鑑賞します。

スポンサーリンク




ほのぼのと春こそ空に来にけらし天の香具山霞たなびく

読み:ほのぼのと はるこそそらに きにけらし あまのかぐやま かすみたなびく

作者と出典

太上天皇(だじょうてんのう)後鳥羽院 新古今集2

現代語訳と意味

ほのぼのとまさしく春は空に来たなあ。あのように夜明けの天の香久山に霞がたなびいている

語句と文法

・ほのぼのと…夜の明けるさまや、霞がたなびき、霞がこめる様子を表す象徴辞

・こそ…強意の係序詞

・空…香久山の天と関わりがある 以下解説

「けらし」の品詞分解

・けらし…「ける+らし」のつまった形。

・「ける」過去の助動詞「けり」の連体形

・「らし」…推量の助動詞

・天の香久山…奈良県にある山で大和三山のひとつ。大和国の歌枕

句切れと修辞

・3句切れ

・本歌取り

解説と鑑賞

後鳥羽院による、新古今集2首目の歌。

万葉集の

ひさかたの天の香久山この夕べ霞たなびく春たつらしも

が本歌とされている。

どちらも、天の香久山の風景を詠んでいるが、本歌は「ほのぼのと」が夜明けを示し、本歌の「夕べ」と時刻を異にしている。

本歌では、夜明けの光の中に輝いている山とその風景が主題となる。

また、「空に」を置くことで、明けゆく空と、「天の香久山」の「天」を強調し、大空に聳えたつような山の高さを暗示している。

天の香久山は、天から降下したという伝承がある山であり、そのイメージを強く踏まえていると言える。

後鳥羽院について

鎌倉時代の第82代天皇。1180~1239年 在位1183-98。

詩歌・書画にの他、特に歌道に優れ、和歌所を設置し、歌合いも盛んに催し、藤原定家らに「新古今和歌集」を作らせた。

隠岐の代表作として知られる『遠島御百首』をはじめ、800首近い歌が残されている。

後鳥羽院の他の歌

人もをし人も恨めしあじきなく世を思ふゆえに物思ふ身は 後鳥羽院

奥山のおどろが下も踏み分けて道ある世ぞと人にしらせむ

我こそは新島守よ隠岐の海の荒き波風心して吹け

命あれば茅が軒端の月もみつ知らぬは人の行くすえの空

深緑あらそひかねていかならむ間なくしぐれのふるの神杉

後鳥羽院の和歌代表作 新古今和歌集と百人一首【日めくり短歌】

アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-古今・新古今集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.