古今・新古今集

新古今和歌集の時代 古今集・万葉集との年代比較一覧

投稿日:

新古今和歌集の時代は、鎌倉時代の初期です。

新古今和歌集の時代と年代、成立の期間についてお知らせします。

スポンサーリンク




新古今和歌集とは

新古今和歌集は、鎌倉時代に後鳥羽院の勅命を受けて編纂された勅撰歌集です。

勅撰第8歌集で、1975首を掲載、「八代集」の最後の歌集ともいわれます。

新古今の時代は、もっとも和歌の盛んな時で、歌合(うたあわせ)と呼ばれる和歌の会が催され、貴族はこぞって歌合に参加、互いに腕前を競い合い、選りすぐりの歌人と和歌作品が生まれました。

 

新古今和歌集の時代

新古今和歌集は、時代でいうと、鎌倉時代にできた和歌集です。

新古今和歌集は13世紀に成立

新古今和歌集の成立は13世紀です。

新古今和歌集は何年に成立したか

年代でいうと、1216年ごろに成立したと考えられています。

新古今集成立の経緯

1202年、後鳥羽院が、歌集を作るように命じ、和歌所を設置したのが初めです。

天皇が作るように命じた歌集は「勅撰集」というものですが、新古今和歌集は、勅撰第8集に当たります。

その後、撰者による選を経て、何度か清書を繰り返し、最後に完了した本が清書されたのが、1216年です。

新古今集の別版 後鳥羽院の隠岐本

新古今和歌集には、その後、隠岐に流された後鳥羽院が自ら歌を選んで編輯をした「隠岐本」というものがあります。

これは、4年後の1231年にに流された後鳥羽院が、島にいた18年間の終わりごろに完成したとされています。

 

万葉集・古今他4歌集の時代の比較

古典の有名な歌集の年代の比較です。

歌集名時代年代世紀
万葉集飛鳥時代~奈良時代629-759年7世紀後半から8世紀後半
古今集平安時代905年頃10世紀
新古今和歌集鎌倉時代1201-1221年13世紀
百人一首鎌倉時代(成立)1235年頃13世紀

 

万葉集・古今他4歌集の収録歌数

古典の有名な歌集の収録歌数です。

歌集名巻数歌数
万葉集全20巻4,500首
古今集全20巻1,111首
新古今和歌集全20巻1,970首

 

関連記事:
新古今和歌集の特徴「新古今調」とは







今ならアマゾンkindleアンリミテッドがkindleunlimitedが30日間無料で体験できます。本・コミック読み放題の他、映画の人気作品も期間内にぜひどうそ!

アマゾン無料体験を試す

tankakanren

-古今・新古今集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.