教科書の俳句

つきぬけて天上の紺曼珠沙華 意味と修辞法解説 山口誓子の自解は「つきぬけるような」

更新日:

つきぬけて天上の紺曼珠沙華  山口誓子の教科書掲載の俳句の句切れと意味、つきぬけているものは何か、作者山口誓子の解説を記します。

スポンサーリンク




つきぬけて天上の紺曼珠沙華

読み:つきぬけて てんじょうのこん まんじゅしゃげ

作者と出典:

山口誓子 やまぐちせいし

現代語訳

秋の空が突き抜けるように高く、その深い紺色の空に向かって真っ赤な曼殊沙華が咲いている

俳句の語句

・天上…「空」または、「空の上」のこと

・紺…空の色を表す 深い青い色と思われる

・曼殊沙華 読みは「まんじゅしゃげ」。彼岸花のこと。秋の彼岸の頃に、赤い火花が散ったような花を咲かせる。

切れ字と句切れ

・切れ字なし

・2句切れ

季語

季語は「曼殊沙華」 秋の季語

形式

有季定型

 

解説

空と曼殊沙華との色の対比を詠んだ句。

一句に省略が含まれているため、情景を浮かべながら理解する必要がある。

「つきぬけて」の解釈には、これまで2種類の解釈が提示されている。

この俳句の情景説明

秋の空の下に咲く曼殊沙華の風景の美しさに心を惹かれた作者が、その様子を表した。

 

「つきぬけて」いるものは何か

初句に主語がなく置かれた動詞だけの「つきぬけて」の主語が何かには、これまで2種類の解釈がある。

曼殊沙華 → 空を突き抜ける

天上の紺 → 突き抜けるような「空」

一つの説は、曼殊沙華が、紺色の空を突き抜けて咲く、すなわち、「つきぬける」の主語が曼殊沙華であるという説。

もう一つが、「天上の紺」が、そのまま「つきぬける」の主語であるという説。である。

この場合、作者の意図は、後者「天上の紺」を主語とすることが、作者自身の注釈によって示されている。

作者 山口誓子自身の提示

山口誓子自身のこの俳句の解説によれば、下のように示される。

「『つきぬけて天上の紺』は、くっつけて読む。つきぬけるような晴天とは、昔からいう。それを私は『つきぬけて天上の紺』といったのだ」
- 山口誓子「自選自解句集」


この俳句の修辞法

上記の作者の解説によると、「つきぬけて天上の紺」は、「つきぬけるような」空の深い青い色ということになり、その場合は、比喩の直喩の修辞法が用いられているといえる。

この俳句の感想

「つきぬけて」の主語は、最初は曼殊沙華だと思いましたが、作者山口誓子自身の解説で、

山口誓子の他の俳句

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
かりかりと蟷螂蜂の皃(かほ)を食む
ほのかなる少女のひげの汗ばめる
夏草に機缶車の車輪来て止まる
ピストルがプールの硬き面(も)にひびき
夏の河赤き鉄鎖のはし浸る
海に出て木枯帰るところなし
炎天の遠き帆やわがこころの帆







tankakanren

-教科書の俳句
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.