和歌

藤原道長の和歌一覧 新古今集・千載集・御堂関白集

藤原道長は「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」で有名ですが、他にはどのような和歌を詠んでいたのでしょうか。

藤原道長の和歌を千載集、新古今集、御堂関白集からご紹介します。

スポンサーリンク




藤原道長はどんな人

藤原道長は平安時代の公卿、貴族の一族の一人です。

藤原道長は歌人というよりも栄華を極めた藤原一族として、その和歌が注目されることが多いです。

藤原一族の歌人

同じ藤原氏で最も有名な歌人は藤原俊成、藤原定家、藤原良経があげられます。

藤原定家は中でも最もよく知られる歌人ですが、道長の5代目の子孫にあたります。

 

藤原道長の有名な和歌

藤原道長の和歌として知られているのが下の歌です。

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

読み:このよをば わがよとぞおもう もちづきの かけたることも なしとおもえば

意味と現代語訳

この歌の意味を現代語訳にすると

この世は私のためにある世界だと思う。この満月のように欠けたところは何一つなく、すべて自分の意のままに満足すべきものである

和歌の出典

この歌の出典は「小右記(しょうゆうき)」という日記です。

その著者は藤原実資 (ふじわらのさねすけ)という人物です。

宴会の席で道長が上のように朗詠したものに返歌を求められたのに対し、一同で上の歌を唱和するように提案。

皆が声を合わせて同じ歌を詠みあげたというエピソードを日記に記したところから、この歌が、今の世にも伝わるようになりました。

この歌自体は藤原道長の歌集にも、他の勅撰歌集にも入手しておりませんで、上の日記が唯一、和歌を伝えるものとなっています。

この歌の詳しい解説は

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば 藤原道長 

 

藤原道長の歌集

藤原道長の歌集には、歌集『御堂関白集』(みどうかんぱくしゅう)というものがあります。

また、勅撰歌集には、拾遺集をはじめとして、43首が入手しています。

「勅撰歌集」については、古今集の解説 をご覧ください。

 

藤原道長の和歌一覧

藤原道長の和歌をあげておきます。

千載集の藤原道長の和歌作品

千載集には法成寺入道前摂政太政大臣の名前で下のような歌があります。

かへるさをいそかぬほとの道ならはのとかにみねの花はみてまし 047

夏ふかみ玉えにしけるあしの葉のそよくや船のかよふなるらん 204

あきの月たかねの雲のあなたにてはれゆく空のくるるまちけり 275

君か代をなか月にしもしら菊のさくや千とせのしるしなるらん 619

冬の日を春よりなかくなす物はこひつつくらす心なりけり 796

ささ浪やくにつみかみのうらさひてふるき都に月ひとりすむ 981

あまの川空ゆく月はひとつにてやとらぬ水のいかてなからん 982

谷の戸をとぢやはてつる鶯の待つに音せで春の暮れぬる 1061

いはのうへの松にたとへむきみきみは世にまれらなるたねそとおもへは 1165

新古今集の藤原道長の和歌作品

新古今集には、法成寺入道前摂政太政大臣の名前で下のような歌があります。

時鳥こゑをば聞けど花の枝にまだふみなれぬものをこそ思へ1045

唐衣(からころも)花のたもとにぬぎかへよ我こそ春の色はたちつれ1483

白露はわきても置かじ女郎花こころからにや色の染むらむ 1568

わたつ海の底より来つる程もなくこの身ながらに身をぞ極むる 1927

 

新古今和歌集の代表作品一覧 これだけは読みたい有名20首

歌集『御堂関白集』より

道長の歌集御堂関白集からは一部下のような歌があげられます。

天の下長女に来たる神なれや君を保ちてと祈りこそませ 74

万代をかけたる綿に置く露に君が千歳の数をこそ見れ 75

菊の枝に千歳をかくる白露の繁き数をも置きてけるかな 76

嵐吹く深山の里に君を起きて心も空に今日は時雨る 77

こればかりあはれと思ふ旅はなし我が身も秋も暮れぬと思えば 78

神のます標のわたりもいかならん日かげも見えずさし曇るかな 79

さしはえて見ゆるひかげの難ければこの神山もかき曇りつつ 80

春知らでおぼつかなきに鶯の今日めづらしき声を聞かばや 81

上氷溶くる風にやうぐいすの今日を知らする声も通はん 82

音すとも松も過ぎにしうぐいすの初音いづれのたづきありけん 83

飛火野の野辺に木伝ふうぐいすは京都の外に声ぞ古るさぬ 84

もろかづら二葉ながらも君にかくあふいは神のしるしなるらん 87

万代の齢をこめて菖蒲草長きためしと今日ぞ聞きつる 88




なんと6カ月無料!

-和歌

error: Content is protected !!