和歌

伊勢物語 芥川の和歌

『伊勢物語』 芥川の和歌の解説、「昔、男ありけり」から始まる中にある「白玉か何ぞと人の問いしとき露と答えて消えなましものを」の意味とあらすじ、全文の現代語訳と共にお伝えします。

『伊勢物語』 芥川の和歌  解説

伊勢物語,和歌

スポンサーリンク




『伊勢物語』の芥川の和歌は、第6段の「昔、男ありけり」から始まる部分に含まれる有名な下の歌です。

白玉か何ぞと人の問いしとき露と答えて消えなましものを

読み:しらたまか なにぞとひとの といしとき つゆとこたえて きえなましものを

この和歌と物語全文の訳と解説を記していきます。

※和歌のみの解説は

 白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを 在原業平

 

『伊勢物語』 芥川の作者

この和歌の作者は 在原業平(ありわらのなりひら)。

新古今集 哀傷歌851番に、として掲載されています。

伊勢物語の作者は、はっきりしていませんが、主人公のモデルが在原業平だと言われています。

在原業平の和歌

在原業平の代表作和歌5首 作風と特徴

 

伊勢物語と新古今集の違い

収録歌集による違いは以下の通りです。

  • 伊勢物語
    白玉か何ぞと人の問いしとき露と答えて消(き)えなましものを
  • 新古今集
    白玉か何ぞと人の問いしとき露と答えて消(け)なましものを

 

伊勢物語と新古今集の動詞の違い

伊勢物語では結句が8文字の字余り。

新古今集では7文字となっています。

この二つの違いは、動詞の違いです。

  • 伊勢物語
    基本形 きゆ 【消ゆ】
    ヤ行下二段活用
    活用{え/え/ゆ/ゆる/ゆれ/えよ}
  • 新古今集
    基本形 く 【消】
    活用形 カ行下二段活用
    活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}

 

『伊勢物語』 芥川の和歌の訳

白玉か何ぞと人の問いしとき露と答えて消えなましものを

 

訳:

いとしいひとが「あれは白玉か何か別のものでしょうか」と尋ねた時に「はかない露だよ」と答えて、露のようにいっそ私も消えてしまえばよかったのに

 

『伊勢物語』 芥川の和歌の意味

この訳の意味を詳しく理解するには、伊勢物語の内容を知る必要があります。

伊勢物語 芥川のあらすじ

「昔男ありけり」ではじまる主人公の男性が、身分の高い女性に恋をして、家から連れて逃げ出します。

芥川という川に来たところで女性は、草の露を見て「これは何かしら」と男に聞いたのです。

そのあと、二人は雨に降られて、雨宿りの蔵にたどり着きます。

ところが、その蔵で、女性は鬼に食べられて消えてしまいました。

男は嘆きのあまり泣きながら、歌を詠んだのが上の歌です。

『伊勢物語』 芥川の和歌の意味

白玉か何ぞと人の問いしとき露と答えて消えなましものを

の和歌の意味は、上のあらすじの通り、最初に女性が「白玉かしら、これは何?」と聞いた。

女性は身分の高い人ですので、野外に出ることもそうそうなく、露が何か知らなかったわけです。

そして、女性がそう聞いたことを踏まえた部分が、

白玉か何ぞと人の問いしとき

のところです。

「問いし」の「し」は過去の助動詞「き」ですので、歌を詠んでいる時点からさらに過去に起こったことです。

その時は、男はまだ女性と一緒にいた。そのあとでこんなつらい別れをするくらいなら、あの時に「露ですよそれは」と答えてその通り、自分もその露のように消えてしまえばよかった、というのが歌の意味です。

露の意味と比喩

露というのは、朝の早いうちに大気中の水蒸気が冷えて、物の面に水滴になってついたものです。

気温が上がると自然に乾いて消えてしまいます。

露と消えるの関係は和歌では深く、他の歌でもたくさん詠まれています。

たとえば、万葉集なら下の歌が有名です。

秋づけば尾花が上に置くぬべくも我は思ほゆるかも 1564

意味:秋になると尾花に着く露が消えるように(死にそうになるまでに)あなたを思っています

上の露が消えるというのは比喩ですが、伊勢物語の主人公もいっそ死んでしまえばよかったということを、「露のように消えてしまえばよかった」と例えて言っています。

単なる比喩ではなくて、物語の中に、女が「これは何?」(答え:露ですよ)という伏線があるので、それを踏まえて、「露と答えて」の「答えて」が入っているのです。

 

『伊勢物語』 芥川の和歌の心情

伊勢物語の芥川は、思い合った男女の逃避行、現代の言葉で言うなら駆け落ちです。

そのくらい相手が好きなのですから、せっかく逃げてきたのに、その相手が鬼に食われてしまったというのは、断腸の思いがある。

思う相手が死んでしまって一人になってしまった。自分も死んでしまっていればよかった、そうすればこんな悲しい胸がはりさけるような思いをせずに済んだのに、というのをストレートに詠んだのがこの歌です。

伊勢物語の心情解説

男性は、「男、弓、やなぐひを負ひて、戸口にをり。」の通り、女性を蔵の奥に入れて、自分は弓矢を持って入口に番をしていたのですが、もうすぐ夜明けだなという「はや夜も明けなむ」のところで、「鬼一口に食ひてけり」となってしまった。

ところが、男はそれを気が付かない。雨が降って雷が鳴っていたので、「あれ、助けて」と女性が言ったのですが、「あなやといひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。」というわけで、聞こえなかったのですね。

なので男性が蔵の奥に来てみると女性の姿がない。

「足ずりをして泣けど」というのですから、足をじたばたして、文字通り自段々を踏んで泣き悲しんだけれども、どうしようもない。

そこで男は和歌に思いを託すのです。

伊勢物語の背景

和歌の続きには、鬼が鬼という荒唐無稽な話ではなく、人であることが記されています。

この女性とは二条の后がまだいとこの女御にお仕えしてそこで働いているときに、美しい女性であったので、主人公の在原業平が見初めて、連れ出して逃げたのです。

ところが后の兄である堀河の大臣と国経の大納言の二人が次第を聞いて女性を取り返してきた。

この人は人間ですが、それを物語の中では鬼に食べられたということにしたことを、「それをかく鬼とはいふなりけり。」と解説も同時に記されています。

伊勢物語の芥川の現代語訳の全文

以下に伊勢物語の芥川の原文と現代語訳の全文を提示します。

昔おとこありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて
盗み出でて、いと暗きにきけり。

現代語訳:昔、男がいた。女で妻にできそうになかった女を、長年求婚しつづけてきたが、やっとのことで盗み出して、たいそう暗いところに来た。

芥河といふ河を率ていきければ、草のうへにおきたりける露を、かれは何ぞとなむ男に問ひける。

訳:芥川という川のところを女を連れていくと、草の上にある露を「これは何かしら」と男に聞いた。

 

ゆくさきおほく、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥におし入れて、男、弓、やなぐひを負ひて、戸口にをり。

訳:行く先までは遠く夜も更けたので、鬼のいるところとも知らずに、雷までもが大変ひどく鳴り雨も多く降ったので、荒れ果てた蔵に女を奥に押し込んで、男は弓とやなぐいを背負って扉の前にいました。

 

はや夜も明けなむと思ひつゝゐたりけるに、鬼一口に食ひてけり。あなやといひけれど、
神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。

訳:はやく夜も明けてほしいと思いながらいたところ、鬼はたちまち一口に(女性を)食べてしまいました。「あれ、助けて」と言ったのですが、雷の音にかき消されて男には聞こえなかったのです。

やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし。

白玉かなにぞと人の問ひし時つゆとこたへてきえなましものを

訳:やっと夜が明けて見てみると、連れてきた女がいない。男は地団駄を踏んで泣き悲しんだがどうしようもない。

それ以下、

これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐ給へりけるを、かたちのいとめでたく おはしければ、盗みておひて出でたりけるを、御兄堀河の大臣、太郎国経の大納言、まだ下臈にて内裏へ参り給ふに、いみじう泣く人あるを聞きつけて、とどめてとりかへし給うてけり。それをかく鬼とは言ふなりけり。まだいと若うて、后のたゞにおはしける時とや。

 

訳:この話は、二条の后がいとこの女御のお側にお仕えするようにいた時に、容貌がたいそう美しいため、男が后を盗んで背負って出て行ったのだが、后の兄上の堀河の大臣、長男の国経の大納言がまだ官位の低い役人として宮中へ上がった折、ひどく泣く人がいるのを聞きつけてその人を引きとどめて后を取り返しなさったのであった。それをこのように鬼と言ったのであった。まだたいそう若くて后が普通の身分でいらっしゃった時のこととか。

在原業平について

在原業平(ありわらのなりひら) 825年~880年

六歌仙・三十六歌仙。古今集に三十首選ばれたものを含め、勅撰入集に八十六首ある歌の名手。

「伊勢物語」の主人公のモデルと言われる。

在原業平の他の代表作和歌




なんと6カ月無料!

-和歌
-

error: Content is protected !!