アララギの歌人たち 未分類 短歌

長塚節「秋の歌」の序詞について

更新日:

 

長塚節の助詞について柴生田稔の興味深い記述を見つけた。

スポンサーリンク




小夜深にさきて散るとふ稗草(ひえくさ)のひそやかにして秋さりぬらむ
植草ののこぎり草の茂り葉のいやこまやかにわたる秋かも
目にも見えずわたらふ秋は栗の木のなりたる毬のつばらつばらに
馬追虫(うまおひ)の髭のそよろに来る秋はまなこを閉じて想ひみるべし

以下柴生田。

ここで用いられている序詞は、いわゆる有心の序である。「小夜深にさきて散るとふ稗草の」は、音と意味とで「ひそやかに」を導き出す働きをしているわけだが、それだけではなく「秋さりぬらむ」(秋が来たようだの意)のイメージ化をも果たしているのである。

二首目の「植草ののこぎり草の茂り葉の」は「こまやかに」を、三首目の「栗の木のなりたる毬の」は「つばらつばらに」を、五首目の「馬追虫の髭の」は「そよろに」をそれぞれ導き出す序詞の役割を果たしつつ、一方で「のこぎり草」「栗の毬」「馬追虫の髭」それぞれがイメージを主張して主意と深くかかわるというかたちをとっている。〈気配〉という不確かなものに、実体的な手触りを与えるこれは有効な方法であった。

この一連は、一連中に「らむ」「めり」「らし」「けむ」といった推量の助動詞を多様しながら、このような序詞部を含めて、書く歌中の中核となる名刺のイメージを強く打ち出して推量形の不確かさを揺り戻すという高度な技術に拠っているのである。

「少し視点を変えて、実質的な言葉を意味から見て行くと、結局この歌で働いているのは観念であり、理智であり、ただ成長に解けた情趣によって透間なく真実の裏打ちがなされているのであって、素朴に現実に切りこむのではなく、非常にきわどい巧みの上に成り立った歌だとも言えよう。」

(柴生田稔)(『鑑賞日本現代文学』 佐々木幸綱』)全文引用。







-アララギの歌人たち, 未分類, 短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.