万葉集

万葉集の有名な恋の和歌30首(2)柿本人麻呂歌集より

更新日:

万葉集には、たくさんの恋の歌が含まれています。万葉集には3つのジャンルがあり、そのひとつ「相聞(そうもん)」の歌というのは、恋愛の歌のことで、万葉集には「柿本人麻呂歌集」から取り上げられたものがたくさん収録されています。

このページでは万葉集の恋の歌の有名なものを、主に柿本人麻呂歌集からご紹介します。

スポンサーリンク



万葉集の恋の歌

万葉集は一大恋愛歌集といっても過言ではありません。万葉集の短歌の多くは恋愛の歌です。4割くらいと言われています。

直截に恋心を歌う他にも亡くなった人を恋う歌や、カテゴリーは防人の歌であっても、妻や恋人を詠ったもの、そして、必ずしも恋心を歌ったのではないが、相聞の掛け合いの歌もあります。

要は人への情を歌ったものが、ほとんどを占めており、そのため、万葉集は魅力ある歌集となっているともいえます。

万葉集で恋の歌とされているものから、とくに有名なものを30首ご紹介します。

泊瀬川夕渡り来て我妹子が家の門(かなど)に近づきにけり

読み:はつせがわ ゆうわたりきて わぎもこが いえのかなどに ちかづきにけり

作者

1775 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

現代語訳

泊瀬川を夕べに渡って来て、私の恋しい人の家がもうすぐそこに近づいたのだ

解説

「門」は恋しい人の住む家、住まいのことです。通い婚だったので、恋しい人の家に来た、その時の気持ちを表したものです。

泊瀬川は三輪山を巡るように流れ、佐保川と合流して大和川となる川のことで、それも、相手に近づいて一体になるというイメージがあるのでしょう。

この歌の何が良いのかというと、歌の調子、言葉のリズムが快く、伸び伸びとしていて、情感が無理なく表されている点です。

舎人皇子(とねりのみこ)に献った歌ですが、皇子が恋しい人ではなくて、歌の出来が良かったので、お見せしたということのようです。

 

春雨に衣は甚く通らめや七日しふらば七夜来じとや

読み:はるさめに ころもはいたく とおらめや なのかしふらば ななよこじとや

作者不詳 1917

現代語訳

あなたは春雨が降ったので来られなかったと仰いますが、あのくらいの雨なら、そんなに衣が濡れ徹るというほどではないでしょう。
もし雨が七日間降ったら、七夜とも来られないのでしょうか。

解説

女性が男性に送った歌で、雨が降ってこられないという男性に、書き送ったものかもしれません。あるいはお使いが手紙をもって男性に届けたのかもしれませんね。

現代の短歌で「口語」といいますが、この歌は昔の言葉ながら、そのまま相手に語り掛けるような風情の歌です。

「や」が二回続くところ、つまり、短く二つ言い連ねているところが、余計そのような感じがします。

 

たらちねの母が手離れかくばかりすべなきことはいまだせなくに

読み:たらちねの ははがてはなれ かくばかり すべなきことは いまだせなくに

作者

作者不詳 2368 柿本人麻呂歌集

現代語訳

母の手を離れてこんなに切ないことをしたことはないのに。恋というのはこんなにつらいものだったのか

解説

万葉集でもよく引用される有名な歌です。

大人になって、初めて恋をした女性の述懐が、素直に切々と表されています。

「たらちねの母が手離れ」というのは、大人になって初めて、あるいは、今まで生きてきた中で初めて、という意味でもあるでしょう。

まだ若い女性、少女が面する恋の心境が伝わります。

万葉集の歌の良いところは、多くの歌が技巧的でも飾り立てもせず、本当の気持ちをまっすぐに伝えてくるところです。

 

人の寝(ぬ)る味宿(うまい)は寝ずてはしきやし君が目すらを欲りて嘆くも

読み:ひとのねる うまいはねずて はしきやし きみがめすらを ほりてなげくも

作者不詳 2369 柿本人麻呂歌集

現代語訳

このごろはいろいろと思い乱れて、世の人のようにゆっくり寝られず、恋しいあなたの眼を見たいと思って嘆いています

解説

この歌も恋の歌として有名なものです。

「味宿」うまい とは安眠のこと。

恋心が募って、夜は皆のようにぐっすり眠れなくなってしまった。と訴えています。

「目」というのは、万葉集ではよく使われるのですが、目の一部分ではなくて、「顏」のことになります。

 

朝影に我が身はなりぬ玉かぎるほのかに見えて去にしこゆえに

読み:あさかげに わがみはなりぬ たまかぎる ほのかにみえて いにしこゆえに

作者不詳 2394 柿本人麻呂歌集

現代語訳

朝の光にうつる影のように私はなってしまった。偶然にわずかな間この目に見て別れてしまったあの娘のために

解説

柿本人麻呂歌集でもよく知られる歌です。

朝影というのは、日の出後間もない日光に映る影が細長く、そのように恋に痩せてしまったという意味です。

「玉かぎる」は「ほのか」にかかる枕詞。二句切れ、倒置の構成です。

 

いつはしも恋ひぬ時とはあらねども夕かたまけて恋ふはすべなし

読み:いつわしも こいぬときとは あらねども ゆうかたまけて こうはすべなし

作者

作者不詳 2373 柿本人麻呂歌集

現代語訳

朝昼晩あなたのことが恋しくない時はないのだけれど、とりわけ夕暮れ時になると、恋心はどうしようもないのです。

解説

「いつはしも」は「いつも」と同じ意味です。いつも恋しい、一層恋しい、という言い方で、思いを告げる歌です。

夕というのは、夜のことですから、会えるかどうか気もそぞろで、「すべなし」、他にどうしようもない、という気持ちを読んでいます。

 

恋ひ死なば恋ひも死ねとや霍公鳥物思(も)ふ時に来鳴き響(とよ)むる

読み:こいしなば こいもしねとや ほととぎす ものもうときに きなきとよむる

作者

中臣宅守 3780

現代語訳

恋死ぬならば、死んでしまえと、ほととぎすが私があなたを恋しく物思いにふけっている時に来ては、鳴き声を響かせるのです。

解説

人麻呂歌集に「恋ひ死なば恋ひも死ねとや我妹子が我家の門を過ぎて行くらむ」というのがあり、他にも似た歌がありますが、この歌は何を聞いても見ても自分の恋のことに結び付けて考えてしまう、そのくらい頭がいっぱいになってしまっているのですね。

 

吾(あれ)ゆ後生まれむ人は吾(あ)がごとく恋する道に逢ひこすなゆめ

読み:あれゆのち うまれんひとは あがごとく こいするみちに あいこすなゆめ

作者

2375 柿本人麻呂

現代語訳

私の後から生まれる人は、私のように辛い恋の道に迷ったりしませんように、けっして

解説

「ゆめ」というのは「ゆめゆめ思うな」と同じ意味です。歌の最後に「ゆめ」と付けられる言葉です。

こんなにつらい思いを、とても人にはさせられない、として自分のつらい気持ちを訴えているのです。

 

うち日さす宮道を人は満ち行けど吾(あ)が思(も)ふ君はただ一人のみ

読み:うちひさす みやじをひとは みちゆけど あがもうひとは ただひとりのみ

作者

2382 柿本人麻呂歌集

現代語訳

 

解説

「うち日さす」は宮道の枕詞。

宮道は、都大路、今でいうなら、大都会、渋谷とか新宿とか、人のたくさんいるところですが、作者は他の人はどうでもよい。

むしろ、その人たちを見ていると、ただ一人だけに会いたい思いが募るのですね。

恋する人は、このような雑踏の中にあっても 孤独になってしまうのです。

類似の歌に「山の端に味鳬(あじ)群(むら)騒ぎ行くなれど吾はさぶしゑ君にしあらねば」 〔巻四・四八六〕 舒明天皇 というのがあり、斎藤茂吉はそちらを挙げています。あじむらは「あじ鴨の群」。

 

行けど行けど逢はぬ妹ゆゑ久かたの天の露霜に濡れにけるかも

読み:いけどいけど あわぬいもゆえ ひさかたの あめのつゆじもに ぬれにけるかも

作者

作者不詳 2395 柿本人麻呂歌集

現代語訳

いってもいっても会うあてのない恋しい娘のために、こうして天の露にぬれてしまったのだなあ

解説

「行けど行けど」は6文字、「天のつゆじもに」も8文字で、特に最初の字余りは「行っても行っても」の感じが出ています。

 

恋ふること心遣りかね出で行けば山も川をも知らず来にけり

読み:こうること こころやりかね いでゆけば やまもかわをも しらずきにけり

作者不詳  2414 柿本人麻呂

現代語訳

恋しい心をどうしようもなくて外に出てきたが、山も川も何も目に入らずに来てしまった

解説

「来にけり」の「けり」というのは、「来てしまったのであった」という助動詞の意味なのですが、その「自分の心をかえりみるような」表現を斎藤茂吉が指摘しています。

「けり」は詠嘆といって、「…だった。…だったのだなあ。…ことよ」と訳し、「けり」それまで気付かずにいたことに初めて気付いた気持ちを表す用法として、用いられるものです。

この歌には「けり」に回顧の時間が盛り込まれているので、ずっと思い続けていて、という、気持ちの持続的なところが伝わります。

 

万葉集の恋の歌、最初の10首はこちらの記事
万葉集の有名な恋の短歌30首(1)額田王,柿本人麻呂,大津皇子,石川郎女

女流歌人の恋の歌
万葉集の有名な女性歌人の恋愛の和歌10首 大伴坂上郎女,笠郎女,狭野茅上娘子

万葉集が無料!アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題





tankakanren

-万葉集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.