万葉集

高市黒人の万葉集の全19首短歌と特徴「詩情豊かな抒景歌と孤愁」

更新日:

高市黒人は、万葉集の中でも愛好される歌人の一人です。

高市黒人はどのような歌人であったのか、作風の特徴と共に、万葉集の短歌から全作品19首を現代語訳一覧で掲載します。

高市黒人の代表作の短歌の解説は、個別のページに記載しますので、合わせてご覧ください。

スポンサーリンク



高市黒人とはどんな歌人か

[toc]

高市黒人(たけちのくろひと)とはどんな歌人であったのでしょうか。

高市黒人は、万葉集の代表的な歌人の一人で、収録された短歌は、全部で19首ですが、その作品は、万葉集の中でも独特な魅力を持っており、現代に至っても多くの愛好者を生むものとなってきました。

生没年や経歴は、いまだはっきりしていませんが、歌は役人としての役目の旅行の時に詠まれたものとされ、高市黒人は万葉集の「叙景歌の先駆者」とも言われています。

高市黒人の作風の特徴

高市黒人の特徴は下のような点です。

羈旅歌--旅に関する感懐を詠んだ和歌

黒人の短歌は、そのいずれもが、行幸従駕の時の歌、あるいは、旅の時に詠まれたもので、それらの短歌の特徴は、詩情豊かな抒景歌であることです。

キーワードは「孤愁」

キーワードとしてよくいわれるのは「孤愁」というもので、万葉集の他の歌には見られない独特の叙情性を蓄えており、「読む者の心に染み入るような静けさを持っている」と評されます。

「遅れて来る人」

また、佐々木幸綱は、黒人を「遅れて来る人」と言い表していることもよく知られています。

歌を詠むと、「常に視界から去りゆくものを目で追う手法」が見られるということ、そして、天武・持統期に活動した柿本人麻呂に比べて、その後に続く文武朝期にあるという時期のずれの両方を指しているという二つの点においてです。

これらの特徴を実際の作品においてご覧ください。

高市黒人『万葉集』の全作品19首

高市黒人(たけちのくろひと)の万葉集の短歌一覧です。

高市黒人万葉集の秀歌一覧

この中での代表作を先にあげると、

古(いにしへ)の人に我れあれや楽浪(ささなみ)の古き都を見れば悲しき1.32

いづくにか船泊(は)てすらむ安礼(あれ)の崎こぎ回み行きし棚無し小舟 1.58

いづくにか我は宿らむ高島の勝野の原にこの日暮れなば 3.275

妹が我れも一つなれかも三河なる二見の道ゆ別れかねつる 3.276

 

上の歌の解説ページは
古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲しき/高市黒人『万葉集』

解説ページは順次に追加していきます。

高市黒人19首の全作品

古(いにしへ)の人に我れあれや楽浪(ささなみ)の古き都を見れば悲しき 1.32

※解説ページ
古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲しき/高市黒人『万葉集』

楽浪(ささなみ)の国つ御神(みかみ)のうらさびて荒れたる都見れば悲しも 1.33

いづくにか船泊(は)てすらむ安礼(あれ)の崎こぎ回み行きし棚無し小舟 1.58

※解説ページ
いづくにか船泊すらむ安礼の崎こぎ回み行きし棚無し小舟/高市黒人の名歌

大和には鳴きてか来らむ呼子鳥象の中山呼びぞ越ゆなる 1.70

かく故に見じと言ふものをささなみの古き都を見せつつもとな 1.305

旅にしてもの恋しきに山下の赤のそほ船(ぶね)沖に榜ぐ見ゆ 3.270

桜田へ鶴(たづ)鳴きわたる年魚市潟(あゆちがた)潮干にけらし鶴鳴きわたる 3.271

四極山(しはつやま)うち越え見れば笠縫(かさぬひ)の島漕ぎ隠る棚なし小舟 3.272

磯の崎漕ぎ廻(た)み行けば近江(あふみ)の海八十(やそ)の港に鶴(たづ)さはに鳴く 3.273

我が舟は比良(ひら)の港に漕ぎ泊てむ沖へな離(さ)りさ夜更けにけり 3.274

いづくにか我は宿らむ高島の勝野の原にこの日暮れなば 3.275

妹が我れも一つなれかも三河なる二見の道ゆ別れかねつる 3.276

三河の二見の道ゆ別れなば我が背も我れもひとりかも行かむ (3.276)

早来ても見てましものを山背(やましろ)の多賀(たか)の槻群(つきむら)散りにかるかも 3.277

我妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつか示さむ 3.279

いざ子ども大和へ早く白菅の真野の榛原手折りて行かむ 3.280

住吉の得名津に立ちて見わたせば武庫の泊りゆ出づる船人 3.283

率ひて漕ぎ去にし舟は高島の安曇の港に泊てにけむかも 9・1718

婦負の野のすすき押しなべ降る雪に宿借る今日し悲しく思ほゆ 17.4016





tankakanren

-万葉集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.