百人一首

長からむ心も知らず黒髪の乱れてけさは物をこそ思へ 待賢門院堀河

投稿日:

長からむ心も知らず黒髪の乱れてけさは物をこそ思へ 待賢門院堀河の百人一首の恋の和歌。

黒髪を詠み込んで印象的な、有名な恋歌として広く知られた和歌です。

この歌の現代語訳と、文法や語の意味を含めて、解説・鑑賞します。

スポンサーリンク




長からむ心も知らず黒髪の乱れてけさは物をこそ思へ

読み:ながからん こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもえ

作者と出典

待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ)

百人一首 80  他「千載集」「久安百首」

現代語訳と意味

あなたの心が末永く変わらないかどうか、別れた今朝は黒髪が乱れているように、心が乱れて物思いに沈んでいます

語句と文法

各語の解説です

長からむ

長からむ・・・「長からむ」は「心」にかかる。「末永く変わらないであろう、あなたの心」の意味

「む」は推量の助動詞 「かわらないだろう」の意味

「長い」は「みだれ」と共に、「髪」の連語

黒髪の乱れて

「みだれ」は「黒髪」の乱れのことであるが、それがそのまま下句の「心の乱れ」にもつながる

物をこそ思へ

「こそ・・・へ」は係り結び

「思へ」は「思いなさい」ではなくて、基本形「思う」のそのままの意味に訳す

 

解説と鑑賞

その一つ前の79番目の歌「秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ」左京太夫顕輔の歌と同じく、「久安百首」のために作られました。

逢瀬の後の朝の歌、いわゆる「後朝(きぬぎぬ)の歌」に答える形で詠まれた歌です。

髪の縁語である「長い」「乱れ」などの語を用いて、心の様を相手の男性に訴えます。

乱れ髪の印象がいかにも妖艶でありながら、十分に技巧的な歌です。

「心も知らず」の解釈

「心も知らず」で「句切れ」とする意見が主なものですが、他にも「知らないので・・・物をこそ思へ」、または「心もわからないし」の意味にとるという考え方もあるようです。

一般的には二句切れとされています。

黒髪の象徴するもの

黒い長い髪は、当時の女性のスタイルで、美人の条件ともされていたようです。

また、黒髪は恋の象徴でもありますが、これは、一緒に寝た時に長い髪は必ず目に入るものでもあり、恋に乱れる女性そのものの象徴でもありました。

要するに黒髪の登場する歌は、最初から色っぽい恋歌という性格を持つものであったのです。

待賢門院堀河について

待賢門院堀河は平安時代後期の歌人。
源顕仲(あきなか)の娘。はじめ令子内親王(1078-1144)につかえて前斎院六条とよばれ,のち待賢門院につかえ堀河と称された。歌は「金葉和歌集」以下の勅撰集におおく採録されている。中古六歌仙のひとり。

待賢門院堀河の他の和歌

雪ふかきいはのかけ道あとたゆるよし野の里も春はきにけり
ときはなる松もや春をしりぬらんはつねをいはふ人にひかれて
いつかたに花さきぬらんとおもふよりよもの山辺にちる心かな
秋のくるけしきのもりのした風にたちそふ物はあはれなりけり
はかなさをわか身のうへによそふれはたもとにかかる秋の夕露

関連記事:
百人一首の有名な代表作和歌20首!藤原定家選の小倉百人一首について

百人一首の解説した短歌はこちらから
百人一首の歌一覧

アマゾンで無料で本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-百人一首
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.