テーマ別短歌

冬至と柚子湯の短歌 斎藤茂吉,土屋文明,岡井隆他

投稿日:

冬至となりいよいよ寒さが身に迫ります。

きょうの日めくり短歌は、冬至を詠んだ斎藤茂吉、土屋文明、岡井隆他の短歌をご紹介します。

冬至とは

冬至とは、夜が最も長くなる日であり、健康を願う柚子湯やかぼちゃを食べる習慣があります。

冬至については

「冬至(とうじ)」は、「二十四節気」の一つで第22番目にあたる。

「冬至」の日付は、近年では12月21日または12月22日であり、年によって異なる。

北半球では太陽の高さが一年で最も低くなる日。そのため、一年中で最も昼(日の出から日没まで)が短くなり、夜が最も長い。

この日にユズを浮かべた柚子湯(ゆずゆ)に入り、カボチャを食べると風邪を引かないと言われている。

 

冬至を詠んだ短歌

冬至は、短歌にも様々に詠まれています。

うつせみの吾が居たりけり雪つもるあがたのまほら冬のはての日

作者:斎藤茂吉 歌集「小園」より

「冬至の日に」と題する一連です。

「冬のはての日」というのが当時のことで、雪深い冬のふるさとの景色の美しさ。

そこにある幸福感をうたっています。

 

他にも

この村にのがれ来し年の冬至の夜こほらむとしてしばし音絶ゆ

作者:斎藤茂吉

こちらの歌も冬至の寒さを伝えています。

「のがれ来し」とは戦争中の疎開のことを指します。

 

冬至過ぎてのびし日脚にもあらざらむ畳の上になじむしづかさ

作者:土屋文明

土屋文明の初期の作品。

意味は、「冬至を過ぎて火が伸びたという訳ではないだろうが、日差しがしずかに畳の上になじんでいる」その静けさを詠ったものです。

 

穏やかなる年の夕日の沈むとき銭湯のゆず湯より吾がかへるなり

こちらも土屋文明の作品。

ゆず湯に浸ったことを詠います。

その頃の銭湯では、ゆず湯があったようですね。

 

朝の湯に浮きてただよふ柚子の実のきんの肌へにさす日の光

作者:橋田東聲

こちらも柚子湯の歌。

「きんの肌へ」、「金色の肌え」というのは、人でなくて、柚子の果実の表面のこと。

 

冬至の日暖かかりし夕べにて雲のよりゐる雪の阿蘇山

作者:津田治子

津田治子はアララギのハンセン病を病んだ歌人。

九州の療養所の風景をうたっています。

 

冬至の祭をせむとさやげどもふかく疲れて男の声す

作者:岡井隆

男女の争いのことを詠った一連の中の歌。

「冬至の祭」とはクリスマスのことででしょう。

 

皆さまも良いクリスマスを! それではまた!

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌







tankakanren

-テーマ別短歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.