短歌・和歌

時計の針IとIとに来るときするどく君をおもひつめにき 北原白秋の短歌解説

投稿日:

時計の針IとIとに来(きた)るときするどく君をおもひつめにき  北原白秋の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。

スポンサーリンク




時計の針IとIとに来るときするどく君をおもひつめにき

読み:とけいのはり いちといちとに きたるとき するどくきみを おもいつめにき

現代語訳と意味

時計の長針と短針が、文字盤の1で二つ重なったのを見ただけでも、心鋭く君を思い詰めたのであったよ

作者と出典

北原白秋 『桐の花』

語句の意味と文法解説

読みは「いち」 文字盤のローマ数字であるだろう
来る読みは「きたる」 「たる」は完了の助動詞・基本形「たり」の連用形
鋭くこころの状態を形容する 基本形「するどし」

「思い詰めにき」の品詞分解

思い詰め…「思う」「詰む」(文語の基本形)を合わせて複合動詞

に… 完了の助動詞「ぬ」の連用形

き… 過去の助動詞「き」が基本形

句切れと修辞・表現技法

  • 句切れなし
  • 初句は6文字の字余り。
  • 初句の「時計の針」の後には、「の」または「は」の主格の格助詞の省略がある
  • 上句「とき」までが、「思い詰めにき」を修飾する副詞節

解説と鑑賞

北原白秋『桐の花』にある初期の短歌作品。

過ぎ去った恋愛を回顧する歌であるが、まだ恋情が残っている状態ともいえるのは、相手との別れが本意ではなかったためである。

「思い詰めにき」の省略

「思い詰めにき」の目的語は歌の中には記されていないが、あえて補えば「君を」、または回想ということを重視すれば「人を」と補うことができる。

恋愛の歌の背景

この時の北原白秋の恋人は、隣の家に住む人妻、松下俊子であった。

北原白秋と俊子は、後に姦通罪で訴えられて監獄に拘置されることになるが、この作品は監獄を出所以後の回想の歌である。

時刻は深夜1時5分

初句の「夜更けて」から、時計の「IとIとに来るとき」は、深夜のことで、二つの針が重なるのは、時刻が1時5分のことと推測される。

姦通罪で訴えられる時代だったので、歌を詠んだ時は、恋愛を諦めざるを得ず、それゆえ「にき」として、恋愛が終わってしまったように読んでいるが、別れは作者の本意ではなく、恋情はひそかに続いていたとも言えるだろう。

「IとIとに」 Iが2つの意味

「IとIとに来るとき」というのは、抽象的な表現だが、長針と短針を自分と俊子の一対の男女として見ているといえる。

「IとIとに」というのは、文字盤の「1」の文字のことを指すのではあるが、視覚的には、「I」と「I」はこれすなわち、長針と短針を表したものに他ならない。

「ひとしくIに来る時」とか「Iのところに重なりて」などの表現を取らずに、「IとIとに」と表したのは、「I」を二つに繰り返す必要があると作者が感じたためであろう。

「心するどく」の恋愛の心境

「心するどく」は、恋愛中は心が過敏になっており、時計の針の偶然の接近にも、相手を思い出さずにはいられない、そのような、自分の心の状態を客観視した表現である。

「にき」は「いたのだ」という過去のこととなるが、この歌を詠んだ時の作者の心境は、恋愛の代償として社会的な制裁を受けたため、いささか複雑であったと思われる。

むしろ「にき」として、過去のものとして恋情を打ち消したい思いでもあったろう。

なお、秋は後に松下俊子と偶然再会の後に結婚しており、作歌の面からも安定、充実した時期を迎えることになる。

 

北原白秋について

北原白秋(読み)きたはら はくしゅう 1885―1942福岡県生

処女詩集『邪宗門』で象徴詩に新風をふきこむエキゾチック感覚の象徴詩人として知られる。短歌では与謝野鉄幹の門人となり、「明星」「スバル」に作品を発表下が脱退。1913年(大正2)第一歌集『桐(きり)の花』を刊行、短歌の世界に象徴詩の手法を生かして注目された。

北原白秋の短歌の作風

初期には詩と同じく短歌にも耽美的な作風が強い。本作を含む『雀の卵』では、象徴的筆法を追求。その後は童心主義にも傾斜、後年の短歌集『黒繪』は、自らの眼病にも言及、境遇や生活を詠む作品が多くなっている。







tankakanren

-短歌・和歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.