百人一首

吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐といふらむ 百人一首22番 文屋康秀

投稿日:

吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐といふらむ  百人一首22番の文屋康秀の和歌の現代語訳と一首の背景の解説を記します。

スポンサーリンク




吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐といふらむ

読み:ふくからに あきのくさきの しおるれば むべやまかぜを あらしというらん

作者と出典

作者:文屋康秀 (ぶんやのやすひで)

出典:小倉百人一首22  『古今和歌集』249

現代語訳:

吹くとたちまち秋の草木が枯れるので、山から吹き下ろす風を嵐というのですね。

・・

語と句切れ・修辞法

一首に使われていることばと文法と修辞法、句切れの解説です

句切れと修辞法

  • 句切れなし

語句の意味

・吹くからに…「からに」は接続助詞 意味は「吹くとすぐに」

・むべ…[副詞]「うべ」に同じ。平安時代以降は「むべ」と表記されることが多い。肯定する気持ちを表す。意味は「なるほど。いかにも」

・いふらむ…「言う+らむ(推量の助動詞)」

 

解説

文屋康秀の百人一首22番に選ばれた歌で、古今集にも収録されている知的な言葉遊びの歌です。

「嵐」という字を分解すると「山」と「風」に分けられるので、「嵐」に草木を荒らす意味をこめたものです。

この時代の嵐は、今の台風のようなものを指すのではなく、山から吹き下ろす強い風を言いました。「六甲おろし」など今でもそう呼ばれています。

「むべ」は「なるほど」というあいづちのような言葉で、作者がおもしろがっていることが伺えます。

他に、

草深き霞の谷に影隠し照る日の暮れし今日にやはあらぬ 894

も有名な歌。

意味合は「草深い霧の谷に姿を隠して、照る日が暮れた今日なのではないのか、まさにそうなのだ」も、上によく似た歌で、作者の創意を詠っています。

文屋康秀のプロフィール

文屋康秀 (ぶんやのやすひで)生没年未詳。

平安初期の歌人。六歌仙、中古三十六歌仙の一人。文琳とも称した。小野小町と交渉があったと伝えられる。

息子は文屋朝康で、この歌も息子朝康作の歌であると言われている。

百人一首の前後の和歌

21.今こむと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな (素性法師)

23.月見れば 千々に物こそ 悲しけれ 我が身ひとつの 秋にはあらねど (大江千里)








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.