万葉集

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る/額田王の有名な問答歌

更新日:

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る 額田王作の万葉集の有名な和歌です。

万葉集の代表的な歌人の一人額田王の「蒲生野問答歌」の現代語訳と、語彙や文法、倒置他の表現技法を、大海人皇子の返歌と共に。鑑賞、解説します。

スポンサーリンク




額田王の蒲生野問答歌

天皇、蒲生野(かまふの)に遊猟(みかり)する時に、額田王の作る歌

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る (1-20)

皇太子の答ふる御歌

紫草(むらさき)の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも (1-21)

この有名な短歌は、「蒲生野(がもうの)問答歌」と呼ばれ、大海人皇子(おおあまのみこ)の短歌と対として鑑賞されるものです。

額田王(ぬかたのおおきみ)の歌の中でも、もっともよく知られる、万葉集の代表歌のひとつです。

この記事では、額田王の歌について解説・鑑賞します。

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る

読み:あかねさす むらさきのいき しめのいき のもりはみずや きみがそでふる

作者

額田王 ぬかたのおおきみ 万葉集 1-20

現代語訳

紫草の生えているこの野原をあちらに行きこちらに行きして、野の番人がみとがめるではありませんか。あなたがそんなに私に袖をお振りになるのを

語句の解説

  • 遊猟……宮廷の廷臣たちが、皆で美しく衣服を整えて野山に出て鹿を買ったり、薬草を集めたりする行事。
    この歌の場合は宮廷の夏5月の節句の年中行事としての「薬狩(くすりがり)」といわれる。
  • 紫野……紫は古代高貴な色とされていた。その染料を取るのが紫草で、生えているのが紫野であり、宮廷の直轄地として保護されていた。
  • 標野(しめの)……そのような宮廷の保護された区域。
  • 野守……宮廷の管轄地の番人

解説と鑑賞

これらの歌は、恋愛の短歌である「相聞」に収められているのではなく、「雑歌」に分類されており、歌の説明文が示すように、狩の後の宴会の席で披露された歌とされています。

皆の酒盛りの場を盛り上げようと、額田王が言葉の遊び、余興として大海人皇子に呼び掛け、それに大海人皇子が、当意即妙で社交性に富んだ歌を返したというものです。

上に述べたように恋愛の歌そのものというのではないのですが、二首を一続きにして顕れる機微と物語性によって、多くの人に好まれる歌となって、万葉集の問答歌の代表作品となっています。

スポンサーリンク




表現技法の解説

このうたの表現技法の解説です。

○調べについて

「あかねさす」は枕詞。直接の意味はないため時間的な「間」と共に、枕詞には意味上の「間」もある。

「あかねさす」の意味は薄いため、それ以下が強調される。

「紫野行き 標野行き 」は「一種の繰り返し表現で、移動感・躍動感を表している。(岡野弘彦)」。「動詞を多用して生動感を表すのは王の歌の一特徴である」というのも覚えておきたい。

上の句は枕詞と繰り返しのみで、意味よりは調子に意義があり、大きなゆったりとした調べとなっており、それが「紫野」の広さを表すことともなっている。

繰り返しであっても、最初「紫野行き 」7文字、「標野行き が5文字と短くなるところに、一つの切迫がある。ここで、下の句が待たれることになる。

「野守は見ずや」の「や」に、四句が続いた後の声調の切れ目と一つの緊張がある。そして最後の句に禁忌と制止の「山」を経て、聞き手に見えてくるものが袖振る君の姿である。

「君が袖振る(を)」の目的語が最後に来るのは倒置だが、「振る」の結句には、助詞を省いて終止と同様の安定がある。

一首の構成まとめ

最初からまとめると、導入の長さで広い野を表す上句が続いた後に、声調と意味上の「山」があり、結句でそれが落ち着くという構成。

31文字の短い中にも、くっきりとした起承転結がある。

 

額田王はどんな歌人?

額田王(ぬかたのおおきみ)は、「鏡王の娘」という以外詳しい出自や生年などもわかりません。

古いことなので、万葉集の作者やその時代の人には、有名でありながらそのような例もたくさん含まれています。

額田王は飛鳥の宮廷に入り、まず大海人皇子と結婚しますが、そのあと兄の中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の妻になります。

また万葉集の歌人、鏡王女は額田王の妹です。

額田王の短歌について

額田王の残した歌はそれほど多くはなく、短歌が9首、長歌が3首、全部で12首の歌があります。

その歌の特徴は、「ふくよかでありながら、力強く凛々しい」歌と言われています。

額田王他の短歌

秋の野のみ草苅り葺き宿れりし宇治の宮処(みやこ)の仮廬(かりいほ)し思ほゆ 1-7

熟田津(にきたづ)に船(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎてな 1-8

三輪山をしかも隠すか雲だにも心あらなむ隠さふべしや 1-18

君待つと吾(あ)が恋ひ居れば我が屋戸の簾動かし秋の風吹く 1-488







tankakanren

-万葉集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.