万葉集

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る/額田王の有名な問答歌

更新日:

「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」額田王作の万葉集の有名な和歌です。

万葉集の代表的な歌人の一人額田王の「蒲生野問答歌」を鑑賞、解説します。

スポンサーリンク



額田王の蒲生野問答歌

天皇、蒲生野(かまふの)に遊猟(みかり)する時に、額田王の作る歌

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る (1-20)

皇太子の答ふる御歌

紫草(むらさき)の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも (1-21)

この有名な短歌は、「蒲生野(がもうの)問答歌」と呼ばれ、大海人皇子(おおあまのみこ)の短歌と対として鑑賞されるものです。

一首ずつ見ていきましょう。

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る

読み:あかねさす むらさきのいき しめのいき のもりはみずや きみがそでふる

作者

額田王 ぬかたのおおきみ

現代語訳

紫草の生えているこの野原をあちらに行きこちらに行きして、野の番人がみとがめるではありませんか。あなたがそんなに私に袖をお振りになるのを

語句の解説

遊猟……宮廷の廷臣たちが、皆で美しく衣服を整えて野山に出て鹿を買ったり、薬草を集めたりする行事。

この歌の場合は宮廷の夏5月の節句の年中行事としての「薬狩(くすりがり)」といわれる。

紫野……紫は古代高貴な色とされていた。その染料を取るのが紫草で、生えているのが紫野であり、宮廷の直轄地として保護されていた。

標野(しめの)……そのような宮廷の保護された区域。

野守……宮廷の管轄地の番人

紫草(むらさき)のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我れ恋ひめやも

読み:むらさきの におえるいもを にくくあらば ひとづまゆえに われこいめやも

作者

大海人皇子 おおあまのおうじ

現代語訳

匂いたつように美しいあなたを憎いとおもっているのならば、あなたは既に人妻であるのに私が恋焦がれたりするものですか

語句の解説

紫草……紫は高貴な色、草は高貴な草であり、美しいということの象徴でもある

におう……「におう」は元々は「赤く照り映える」の意味。「色美しい」、容色の美しさをいう。

 

解説と鑑賞

これらの歌は、恋愛の短歌である「相聞」に収められているのではなく、「雑歌」に分類されており、歌の説明文が示すように、狩の後の宴会の席で披露された歌とされています。

皆の酒盛りの場を盛り上げようと、額田王が言葉の遊び、余興として大海人皇子に呼び掛け、それに大海人皇子が、当意即妙で社交性に富んだ歌を返したというものです。

上に述べたように恋愛の歌ではないのですが、二首を一続きにして顕れる機微と物語性によって、多くの人に好まれる歌となっています。

 

額田王はどんな歌人?

額田王(ぬかたのおおきみ)は、「鏡王の娘」という以外詳しい出自や生年などもわかりません。

古いことなので、万葉集の作者やその時代の人には、有名でありながらそのような例もたくさん含まれています。

額田王は飛鳥の宮廷に入り、まず大海人皇子と結婚しますが、そのあと兄の中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の妻になります。

また万葉集の歌人、鏡王女は額田王の妹です。

額田王の短歌について

額田王の残した歌はそれほど多くはなく、短歌が9首、長歌が3首、全部で12首の歌があります。

その歌の特徴は、「ふくよかでありながら、力強く凛々しい」歌と言われています。

この時代に大切な巫女性、宗教性を強く持った女性であり、そのために天皇にも押されたのではないかと推測されます。

さらに宮廷の中で重要な役割を持った人だからこそ、大事な場面で詠んだ歌が万葉集に残されるところとなったのでしょう。

額田王他の短歌

秋の野のみ草苅り葺き宿れりし宇治の宮処(みやこ)の仮廬(かりいほ)し思ほゆ 1-7

熟田津(にきたづ)に船(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎてな 1-8

三輪山をしかも隠すか雲だにも心あらなむ隠さふべしや 1-18

君待つと吾(あ)が恋ひ居れば我が屋戸の簾動かし秋の風吹く 1-488

 





tankakanren

-万葉集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.