万葉集

春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山/持統天皇/万葉集解説

更新日:

「春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山」

持統天皇作、万葉集の代表的な和歌を鑑賞、解説します。

スポンサーリンク



春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山

読み:はるすぎて なつきたるらし しろたえの ころもほしたり あめのかぐやま

作者

持統天皇 1-28

現代語訳

春が過ぎて夏が到来したようだ 天の香具山に白い夏衣が干してあるのを見るとそれが実感できる

 

解説と鑑賞

この歌は、万葉集に収録されたのが最初ですが、後年の「新古今集」巻3「夏歌」の巻頭歌にも掲げられています。

新古今集では「来たるらし」が「来にけらし」 「衣ほしたり」が「衣ほすてふ」という形に変わっていますが、平安時代の万葉集の訓読の一つによるもので、改作や誤読ではありません。

持統天皇は女帝

歌を詠んだ持統天皇は、天智天皇の第2皇女で、のちに第 41代の天皇となった、女性の天皇、女帝です。

場所には諸説ありますが、天皇の住まい藤原宮に、遷都する前に何度か訪れたことがあり、その際に山を望み見て詠まれた歌とされています。

その際に夏衣が、天の香具山に干されているのを目にして、早くも夏が来ようとしているとその情景をそのままに歌ったものです。

何よりも初夏の到来を象徴する、白い衣のひるがえるさまがすがすがしく、夏に向かって胸を躍らせる気持ちが伝わります。

句切れと体言止め

斎藤茂吉はこの歌の声調に注目しており、「夏来るらし」「衣ほしたり」でイ音を繰り返していることを挙げています。

また、結句で「天の香具山」と名詞止めにしたのも、「一首を整正端厳にした」と述べています。

遠いいにしえの万葉の時代の景観、そして、そこに見る人々の営みも感じられるような歌として、広く愛唱されている一首です。

斎藤茂吉の『万葉秀歌』解説より

藤原宮は持統天皇の四年に高市皇子御視察、十二月天皇御視察、六年五月から造営をはじめ八年十二月に完成したから、恐らくは八年以後の歌で、宮殿から眺めたうたではないかと斎藤茂吉は推察しています。

解説は下の通り。

一首の意は、春が過ぎて、もう夏が来たと見える。天の香具山の辺には今日は一ぱい白い衣を干している、というのである。

「らし」というのは、推量だが、実際を目前にしつついう推量である。
「来きたる」は良ら行四段の動詞である。

第二句で、「来るらし」と切り、第四句で、「衣ほしたり」と切って、「らし」と「たり」で伊列の音を繰返し一種の節奏を得ているが、人麿の歌調のように鋭くゆらぐというのではなく、やはり女性にまします語気と感得することが出来るのである。

そして、結句で「天の香具山」と名詞止めにしたのも一首を整正端厳にした。





tankakanren

-万葉集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.