百人一首

人もをし人も恨めしあじきなく世を思ふゆえに物思ふ身は 後鳥羽院

更新日:

人もをし人も恨めしあじきなく世を思ふゆえに物思ふ身は 後鳥羽院の百人一首の和歌です

後鳥羽院は承久の乱後、隠岐の島に流され19年をその地で過ごしました。

この歌の現代語訳と、文法や語の意味を含めて、解説・鑑賞します。

スポンサーリンク




人もをし人も恨めしあじきなく世を思ふゆえに物思ふ身は

読み:ひともおし ひともうらめし あじきなく よをおもうふえに ものおもうみは

作者と出典

後鳥羽院

百人一首 99

現代語訳と意味

人間がいとおしくも恨めしくも思われる。この世はどうにもならないものであるがゆえに物思いをする私であるよ

語句と文法

をし…形容詞 基本形「をす」 字は「愛し」で「いとしい。かわいい」の意味。「惜しい」の意味もある

うらめし… 形容詞 「残念で悲しく思われる。うらめしい」の意味

あじきなく…基本形「あじきなし」 意味は「思うようにならない」

世を思ふ…この「思う」は

物思ふ…「思い煩う・悩む」の意味

表現技法

  • 4句に字余り
  • 「もの思う身は」の「身」が主語で倒置
  • 「人もをし人も恨めし」は対句
  • 初句切れ。二句切れ

解説と鑑賞

百人一首99番目の後鳥羽院の有名な歌。後鳥羽院は天皇ですが、後半生は、都で幸せに暮らしていたのではありませんでした。

この歌の背景の承久の乱

後鳥羽院は、北条氏の討伐に失敗、隠岐、すなわち隠岐の島に流刑となり、そこで19年を過ごしました。

元の住まいや身分に戻りたくても、戻れない、そのような思うようにならない不甲斐なさと悲しみが「あじきなく」ということです。

島流しになって、会いたい人もおり、しかし、自分をこのような境涯に置いた相手もいる、それが「人もをし」なのでしょう。

何事も自分の自由にはできなかくなったので、「物思う」悩みがある。

それを「身は」として、世間一般のことでもありがちなところを、最期を後鳥羽院自身の状況に引きつけて詠っています。

これらの、天皇の置かれた境涯と重ね合わせて読むと、哀れさが募りますが、後鳥羽院はこの地での19年の間にも、たくさんの歌を詠み、また、島人達にも慕われたと言われています。

後鳥羽院について

鎌倉時代の第82代天皇。1180~1239年 在位1183-98。
詩歌・書画にの他、特に歌道に優れ、和歌所を設置し、歌合いも盛んに催し、藤原定家らに「新古今和歌集」を作らせた。

関連記事:
百人一首の有名な代表作和歌20首!藤原定家選の小倉百人一首について

百人一首の解説した短歌はこちらから
百人一首の歌一覧

アマゾンで無料で本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-百人一首
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.