日めくり短歌

歌といふ傘をかかげてはなやかに今わたりゆく橋のかずかず 岡井隆【日めくり短歌】

更新日:

10日に訃報が伝えられた歌人の岡井隆さん、前衛短歌運動などで戦後の短歌会をけん引されました。

これまでのたくさんの印象深い作品が思い起こされます。

きょうの日めくり短歌は、岡井隆さんの「歌といふ傘をかかげてはなやかに今わたりゆく橋のかずかず」をご紹介します。

スポンサーリンク




歌といふ傘をかかげてはなやかに今わたりゆく橋のかずかず

読み:うたという かさをかかげて はなやかに いまわたりゆく はしのかずかず

作者、岡井隆。歌集は『禁忌と好色』’82年。

10日に訃報の伝えられた岡井隆さん、17歳でアララギ入会とのことで、代表作品が集めにくいくらい歌集も作品も多く、印象に残った短歌がたくさんあります。

上の歌は、歌を傘にたとえたもので、美しい比喩が印象的な一首です。

岡井隆氏には短歌というものを、やや離れて見た作品が他にもあります。

 

歌はただ此の世の外の五位の声端的にいま結語を言へば

歌集『鵞卵亭』より

時代を中世に遡行するような不思議な雰囲気のする作品です。

他にも、歌集最後に置かれた歌

以上簡潔に手ばやく叙し終りうすむらさきを祀(まつ)る夕ぐれ

歌集『天河庭園集』より。

これも書いている自分をふと外側から見たような視点が独特です。

「紫」は岡井氏のテーマカラーのようなものだったとどこかで読んだ記憶があります。

膨大な数の作品に接するたびに、あらためて偉大な歌人という思いを深くするところです。

今日の日めくり短歌は、訃報が伝えられた岡井隆さんの短歌を紹介しました。

岡井隆プロフィール

岡井 隆(おかい たかし)1928年生

日本の歌人・詩人・文芸評論家。未来短歌会発行人。日本藝術院会員。塚本邦雄、寺山修司とともに前衛短歌の三雄の一人。
1993年から歌会始選者となり宮廷歌人となったが、そのことに対して歌壇では批判と論争が巻き起こった。
2007年から宮内庁御用掛。2016年、文化功労者選出。(ウィキペディアより)

他の岡井隆さんの短歌代表作品については、この後の別記事で紹介しています。

岡井隆の短歌代表作品と九州出奔前後の歌

約しある二人の刻を予ねて知りて天の粉雪降らしむるかな 岡井隆【日めくり短歌】

肺尖にひとつ昼顔の花燃ゆと告げんとしつつたわむ言葉は 岡井隆【日めくり短歌】

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

アマゾンで無料で短歌の本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-日めくり短歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.