短歌の基礎知識

短歌とは ルールと基礎知識を知って役立てよう

更新日:

短歌とは、そもそもどのように定義されているのでしょうか。

鑑賞するときはもちろん、国語の勉強にも、自分で作るときにも、基本的な知識が役に立ちます。

季語や俳句との違いや数え方など、短歌の基本について、この記事でわかるようにお知らせします。

スポンサーリンク




短歌とは「詩」 短歌の定義

短歌とは、形式を持った詩の一種です。

同じ仲間には、詩、そして俳句が良く知られています。

古くは、短歌に対して、もっと長い歌、長歌(ちょうか)というものや、旋頭歌(せどうか)という短歌に似たものもありますが、現代ではこれらの形式はほとんど用いられていません。

短歌の特徴「定型詩」

短歌と普通の詩との違いは、字数が決まっている「定型詩」であるというところです。

短歌の字の数は全体が31文字、そして、各句が57577と時の数が決められています。

関連記事:
短歌の書き方 縦書きの改行と分かち書き 句読点 字空け

短歌の数え方

短歌の数え方は、「首(しゅ)」とつけて「1首、2首」と数えます。

対して、俳句は1句、2句です。

参考:「辞世の句」について

短歌の数え方は、「首」が使われるのは上の通りですが、「辞世の句」という時には、短歌が含まれる場合が往々にしてあるようです。

正確には「辞世の短歌」、または「辞世の歌」というべきですが、調べたい時には「辞世の句」も含めて探してみてください。

 

短歌と俳句との違い

短歌と俳句の違いは、端的に言えば、定型の形式と字数の違いです。

それと大きな違いは季語の有無です。

漢語と和語

すなわち、短歌は57577の31文字であるのに対して、俳句は575の17文字です。

他には、俳句には、漢語が使われることが多いのですが、短歌では、和語が主流です。

例えば、俳句では「残月」(ざんげつ)というような、音読みの言葉、これが漢語になるわけですが、短歌にも使えないわけではありません。

しかし、和語を使う古典の短歌では「残る月」として、漢語は使われないことが多いです。

31文字の物語性

それと共に、俳句は、短歌を短くしただけと考えられていることが多いようですが、字数や言葉、季語が違うというだけではなく、詠まれる内容も大きく違います。

「詠嘆」というコンセプトを持つ短歌の方が、どちらかというと主情的にものを述べるにも適しているといえます。

また、字数が多くて長さも長いので、時間の経過を詠み込んだり、「起承転結」に似た起伏やストーリー性を表現することも可能です。

要するに、短歌と俳句は、五七調という点では似通っていますが、内容はまた別なものと考えた方がいいと思われます。

短歌には季語は必要ない

俳句には季語というものが必要ですが、短歌には季語を入れるという約束事はありません。

ただし、古くから、季節を取り込んだ歌は多く見られ、ルールではなくても季語を自由に取り入れることも普通に行われています。

 

短歌の形式と構成

春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香具山 を例にとって説明します

57577の最初の5音を「第1句」または「初句」と言います。

それ以下は、2番目の7音を「第2句」、3番目の5音が「第3句」、4眼目の7音を「第4句」、最後の7音を「第5句」または「結句」といいます。

この歌の解説
春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香具山/品詞分解と表現技法/持統天皇

 

短歌の代表的な修辞法

短歌の代表的な修辞法(表現技法)には句切れと体言止め、倒置法などがあります。

  • 句切れ
  • 体言止め
  • 倒置法

関連記事:

短歌の表現技法7つ 比喩, 擬人法, 体言止め, 反復法, 倒置法, 対句, 省略法

掛詞 縁語 序詞 本歌取り 和歌の修辞技法をわかりやすく解説

短歌の句切れについて

上の歌は、「春過ぎて夏きたるらし」の「らし」が終止形です。

句読点を打つとすれば、ここに「夏きたるらし。」に句点がついて、文章が終わります。

短歌には、31文字の途中に、文章の終りがある歌があります。

このような箇所を「句切れ」といいます。

 

体言止め

上の歌で、結句の「天の香久山」の香久山は山の名前で、名詞です。

名詞の後に「です」や「ます」に当たるような助詞などがありません。

名詞で終わる歌を、体言止めといいます。

体言と用言

「体言」というのは、名詞のことで、対する動詞は「用言」です。

体言止めは結句、すなわち短歌の最後が名詞で助詞を含まないで終わる歌を分類する呼び名です。

 

短歌に用いる言葉 3種類

現代の短歌には、現代の話し言葉のそのままに詠まれた歌もあります。

それは「口語短歌」といいます。

代表的なのは、俵万智や穂村弘などの現代短歌です。

俵万智短歌代表作まとめ

穂村弘の短歌代表作と作品の特徴 ニューウェーブ短歌の旗手

 

現代短歌以前の短歌、近代短歌は、多く短歌特有の言葉で詠まれています。

短歌特有の言葉には、「和語」「枕詞」「雅語」「古語」などがあります。

  1. 和語
  2. 枕詞
  3. 古語
  4. 雅語

 

和語

和語は「やまとことば」と言って日本の本来の言葉です。

下の短歌はすべてが和語で詠まれています。

和語の短歌の例

日がさせばそこはかとなき青空も巻きたる雲もいのちぞと思ふ 岡井隆

枕詞

決まった言葉の上につけて、就職したり、口調を整えたりするのに使われました。

現代ではあまり用いられませんが、使われ続けている「たらちね」のような詞や、積極的に取り入れる歌人もいます。

枕詞の例

たらちねの母が手離れかくばかり. 術(すべ)なきことはいまだせなくに (万葉集)

枕詞とは その意味と主要20一覧と和歌の用例

雅語

雅語は思いに平安時代の和歌に使われた、洗練された優美な言葉をいいます。

雅語というのは聞きなれない言葉ですが、短歌にはたくさん使われています。

「あなうら」「たゆし」「いとほし」「いとけなし」「いざなう」「なべて」などがそうです。

足裏(あなうら)を汚さずわれは暮らしきて父の聖書をこの冬ひらく 藤島秀憲

古語

古語は 万葉集など古代より伝わる古典に用いられた言葉です。

「まなうら」「まなかい」「夫(つま)」「きりぎし」「たなごころ」「天(あめ」「炎(ほむら)」「朝餉」「昼餉」「食(は)む」など短歌には、日常的に使われています。

用例

ここに来てこころいたいたしまなかひに迫れる山に雪つもる見ゆ 斎藤茂吉

 

以上、短歌とは何か、基本的な知識をコンパクトにお伝えしました。鑑賞するときの参考になさってください。







マンガサイトのおすすめ

マンガサイトのおすすめ!




-短歌の基礎知識
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.