万葉集

韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして 防人歌

更新日:

韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして

万葉集の有名な防人の歌の代表作品を解説・鑑賞します。また防人とは何か、東歌の特徴も併せて記します。

スポンサーリンク




韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして

読み:からころも すそにとりつき なくこらを おきてそきぬや おもなしにして

作者と出典

万葉集巻20-4401

現代語訳

衣服の裾に取りすがって泣く子供を置いてきてしまったことだ 母親もいないのに

万葉集の原文

可良己呂武 須宗尓等里都伎 奈苦古良乎 意伎弖曽伎怒也 意母奈之尓志弖

句切れ

4句切れ 倒置

語彙と文法

  • 韓衣(からころも)…「衣」の東国語
  • 裾…着物の裾 着物 転じて本人
  • 子ら…「ら」は複数を表す接尾語
  • 置きてそ…「そ」は係助詞
    ※係り結び 以下に解説
  • 来ぬや…「や」は詠嘆を表す終助詞
  • 母…読みは「おも」

万葉集の歌一覧まとめ 詳しい解説あり




解説と鑑賞

防人歌のよく知られた一首。

防人に発つ別れの歌では、両親や、妻との別れを嘆く歌が多いが、この歌では子どもに焦点があり、母親のいない子どもをおいていく、父である男性の嘆きを詠っている。

「韓衣」とは

この時代の衣服は、大陸様式の詰襟と筒袖の衣服であるが、この場合は軍事用の衣服を着ていたと思われる。

「子ら」の「ら」は複数を表すため、子どもが数人いたことがわかる。

なお、「からころも」は助詞や枕詞としても使われるが、ここでは、父である主人公の来ていた着物、そして、主人公の身体を指すとも思われる。

「置きてそ来ぬや」の品詞分解

「置きてそ来ぬや」の部分は、「そ」係り結び。ただし、通常の係り結びは「来ぬる」の連体形となるが、「来ぬ」の終止形で異例の形となっています。

母の読みは東国方言「おも」

「母なしにして」で、子どもたちの母は、子どもを残して亡くなったのであろう。

母の読みは「おも」であり、これは東国方言である

上代語であり、中古以降は「おもとじ」など複合語の構成要素にのみ見られる。東国では「おも」「おもちち」とともに「あも」「あもしし」「あもとじ」の形が見える。―https://kotobank.jp/word/%E6%AF%8D-115871

 

防人とは

防人(さきもり)とは、飛鳥時代から平安時代の間に課せられていた税の1つ。

当時は、税金をお金ではなく、現物や労働で納めていた。

防人は、天皇の命により、北九州の警護を担当する仕事、戦争をしたわけではないが、当時の旅行は今よりも危険なものであり、防人の家族たちは、悲しみの情を余儀なくされた。

これらの防人の歌は、大伴家持によって集められ書き留められた。

万葉集の東歌の特徴

万葉集巻十四・古今集巻二十にある和歌を指す。

『万葉集』の東歌は、国名の明らかなもの 90首と不明のもの 140首から成るもので、多くは、東国の方言が使われて詠まれている。

文学上の特色は地方性、民謡性に認められ、粗野で大胆な表現や生活的な素材、豊富な方言使用などにより独自の世界をなしており、「東歌」として区別されて扱われている。

歌人の岡野弘彦は、万葉集での好みは、東歌であるといっており、そのように独特の魅力がある。

万葉集が無料で読める!
万葉集が無料!アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題







tankakanren

-万葉集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.