万葉集

なかなかに人とあらずは酒壷に成りにてしかも酒に染みなむ 大伴旅人「酒を讃むる歌」より

なかなかに人とあらずは酒壷に成りにてしかも酒に染みなむ

大伴旅人の万葉集の代表作の一つ「酒を讃むる歌」より代表作和歌の現代語訳と意味を解説、鑑賞します。

スポンサーリンク




大伴旅人「酒を讃むる歌」全13首『万葉集』

万葉集の大伴旅人「酒を讃むる歌」「讃酒歌(さんしゅか)」は酒を詠んだ連作13首のタイトルです。

「酒を讃むる歌」は、酒という楽しみについて述べながら一面では悟りともいえるような、一種の「思想」をも表した作として、万葉集においては異色の作と言われています。

また、13首の連作としても鑑賞しうるその点からも、大伴旅人の代表作の一つとして読み継がれているものです。

「酒を讃むる歌」代表作3首

13首の中で、特に味わっていただきたいもの、よく引用される秀歌と佳作は下の作品です。

験(しるし)なきものを思はずは一坏(ひとつき)の濁れる酒を飲むべくあるらし 338

なかなかに人とあらずは酒壷に成りにてしかも酒に染(し)みなむ 343

この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ 348

 

※全部の歌の現代語訳は下の記事に

なかなかに人とあらずは酒壷に成りにてしかも酒に染みなむ

読み:なかなかに ひととあらずは さかつぼに なりにてしかも さけにしみなん

作者と出典

345 作者 大伴旅人

現代語訳:

なまなかに人間であるよりは、酒壺になってしまいたい。そうしたら酒に浸っていられるだろう。

 

解説:

大伴旅人の連作「酒を讃むる歌」13首の中の6首目の歌。

なまじっか人間であるよりは、いっそ酒壺になってしまいたい。そうすれば、酒浸りになっていられるから、という意味です。。

「酒を讃むる歌」の一連を含めて大伴旅人の和歌は多く漢文や漢詩の影響を受けており、中でも突飛な着想のこの歌は『魏志』に着想を得たものと言われています。

現世より遠ざかりいっそ酒を入れる壷になってしまいたいという厭世思想を表すのが主題です。

中国の逸話に題材

この歌は、中国の『琱玉集』(ちょうぎょくしゅう)にアイデアを取ったものです。

『琱玉集』(ちょうぎょくしゅう)は唐代に作られた私撰の類書の一種で、さまざまな書物に見える逸話を分類して配列した物語集です。

日本に伝わったのは、そのうちの、12巻と14巻で、14巻の目次は、「美人 醜人 肥人 痩人 嗜酒 別味 祥瑞 怪異」となっており、そのうちの「嗜酒 」の逸話がこの歌の元となっています。

その中に中国の呉の国の「ていせん」という酒好きの男がいて、

死んだら窯のそばに埋めてくれ。数百年ののち土となって酒壺に作られ、願いをかなえたい

といったという、その部分を歌にとったものです。

他にも、中国の詩人陶淵明の「飲酒」の詩が大伴旅人に影響を与えたことが推測されています。

原作との違い

これ等の歌は酒を楽しむという立場にあるのに対して、大伴旅人の歌は、現世から逃避したいとする厭世的な気持ちや現実から遠ざかりたい逃避願望が表されているのが特徴です。

「なかなかに人とあらずは」の意味

「なかなかに人とあらずは」は、「なまじ人であることがないならば」の意味ですが、人であるのは間違いないことなので、「人らしい暮しができていない」という意味なのでしょう。

そう言いながら、一人酒を汲んでいる作者の鬱屈した姿が浮かんできます。

これは、中国の酒が楽しいから酔っていたい、なので酒壷に成りたいというのとは、理由が違います。

大伴旅人は生きているのに悩みが多く苦しい、なので、人でないものになってしまいたい、というところに作者の意図があるのであって、「酒を讃むる歌」の歌ではあるのですが、酒壺でなくて他の物でもいいのでしょう。

「人とあらずは」のところの作者の意図を理解することが大切です。

次の歌、

この世にし楽しくあらば来む世には虫にも鳥にも我はなりなむ

上の句「この世にし楽しくあらば」というのは、「楽しくあるのならば」の過程であり、現実に反する願望です。

つまり、作者はこの世が楽しくないと述べているのですね。

もし、人間ではない他のものになりさえすれば、悩みなく楽しく生きられるのなら、そのためには、虫や鳥などの人間でないものになってしまいたいというのが、この歌の意味です。

最初の歌と比べてみると、「人とあらずは」と「虫にも鳥にも」「酒壺」との共通性が見えてきますね。

この歌には、「酒」の言葉は入っっていませんで、そのままで成り立つ一首となっています。

斎藤茂吉の一首評

一種の思想ともいうべき感懐を詠じているが、如何に旅人はその表現に自在な力量を持っているかが分かる。その内容は支那的であるが、相当に複雑なものを一首一首に応じて毫も苦渋なく、ずばりずばりと表わしている。その支那文学の影響については先覚の諸注釈書に譲るけれども、(かえりみ(れば此等の歌も、当時にあっては、今の流行語でいえば最も尖端的なものであっただろうか。けれども今の自分等の考から行けば、稍(やや)遊離した態度と謂うべく、思想的抒情詩のむつかしいのはこれ等大家の作を見ても分かるのである。―出典:『万葉秀歌』より

 

この歌の本歌取り

この歌の本歌取りをしたものに、正岡子規の下の作品があります。

世の人はさかしらをすと酒飲みぬあれは柿くひて猿にかも似る

この歌の意味は「世の人は利口ぶって酒を飲む。柿ばかり食う私はさぞかし四国の山猿に似ているかもしれない」というものです。

「さかしらをすと酒飲みぬ」と「猿」を上手に取り入れて、自分自身の出身「四国猿」とも重ねているのです。

解説記事:
世の人はさかしらをすと酒飲みぬあれは柿くひて猿にかも似る 正岡子規

大伴旅人とは

大伴 旅人は、飛鳥時代から奈良時代にかけての公卿・歌人。

727年頃、大宰帥(だざいのそち)として、筑紫に赴任。「梅花の歌」はそこで詠まれた。

任地に着いたその年の夏、妻を失い、730年に、大納言となって上京するまで、筑紫の地で歌作に励んだほか、特に酒を讃え、遠い九州で都を思う望郷の念を詠んだ歌など、知識人らしい才能を発揮する歌をはじめとして、帰京の翌年、67歳で亡くなるまで、たくさんの歌を残した。




なんと6カ月無料!

-万葉集
-

error: Content is protected !!