「本・歌集」 一覧

万葉集における「われ」とは「万葉の歌人と作品-人麻呂歌集の七夕歌」品田悦一

2018/02/03   -万葉集, 本・歌集
 

  和泉書店刊第二巻「万葉の歌人と作品」「柿本人麻呂」から、「人麻呂歌集の七夕歌」の章、著者品田悦一。 この項はおもしろい。特に、4「主体の性格」。

もみち葉の過ぎにし児らと 万葉の時間性「万葉の歌人と作品―紀伊国作歌」西沢一光

2018/02/03   -万葉集, 未分類, 本・歌集
 

万葉集に関する各論文を集めた本。和泉書店刊「万葉の歌人と作品」より。 紀伊国にして作る歌四首。著者西沢一光。

短歌における生の一回性の原理とは「短歌の友人」穂村弘

2018/02/03   -未分類, 本・歌集

穂村弘の本を読むのは「短歌という爆弾」に次いで二冊目になる。 以前新アララギ誌において、穂村氏の「人生物語の否定」に対する反論が出たことがあったためである。

我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて「万葉の歌人と作品」大津皇子・大伯皇女の歌

2018/02/03   -万葉集, 未分類, 本・歌集
 

  万葉集に関する論文を集めた本。和泉書店刊「万葉の歌人と作品」より。 品田悦一の項。 大津皇子(おほつのみこ)、竊かに伊勢の神宮に下りて上り来る時に、大伯皇女(おほくのひめみこ)の作らす歌 ...

山上憶良の万葉集の七夕歌 品田悦一『万葉の歌人と作品』

2018/02/03   -万葉集, 本・歌集
 

万葉集に関する論文を集めた本。和泉書店刊「万葉の歌人と作品」より。 「憶良の七夕歌」 品田悦一著の部分。

「寂寥相」発見の過程 島木赤彦と万葉集 赤彦の見る「古典の永遠性」

島木赤彦との万葉集との関わりを探る中で、いわば「古典の永遠性」ともいうべきものについて書かれた部分を紹介します。 また、寂寥相を発見する手がかりとなった、赤彦が選んだ万葉集の短歌を筆写しておきます。 ...

古泉千樫の短歌の特色「歌を恋うる歌」岡野弘彦から

原阿佐緒の伝記本を読んでいたら、古泉千樫についての次の個所が目にとまった。 岡野弘彦は「歌を恋うる歌」に、千樫の天性の抒情の細やかな美しさは短歌の理想の形を見せていると評し、釈迢空は「日本の短歌は本質 ...

「韻律の美を求めて」水原紫苑「韻律から短歌の本質を問う」3

2018/02/03   -本・歌集

「韻律の美を求めて」水原紫苑の項。 歌のリズムについての独特の鋭敏な考察がある。

歌の切れ目と句切れの韻律「韻律から短歌の本質を問う」1馬場あき子

2018/02/03   -本・歌集

短歌と日本人Ⅲ「韻律から短歌の本質を問う」岩波書店より。 この一冊はおもしろい。教科書的に一律ではなく、各歌人の捉えるところが様々に述べられている。抜粋する。

字あまり・字足らず・句割れ・句またがりの韻律「韻律から短歌の本質を問う」より2

2018/02/03   -本・歌集, 短歌

「字あまり」「字足らず」「句割れ」「句またがり」についての解説です。 「韻律から短歌の本質を問う」に掲載の短歌を元に解説します。

斎藤茂吉の「歌集『ともしび』とその背景」岡井隆

2018/02/01   -斎藤茂吉, 本・歌集

斎藤茂吉の歌集「ともしび」に関しての岡井隆の考察。 岡井によると「赤光」「あらたま」そのあと作歌不振の時期の「つゆじも」以降の歌集は、後に日記から再構築されたものが多くあり、一方、病院の焼失という大事 ...

画期的な評伝『斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり』品田悦一著

2018/01/03   -斎藤茂吉, 本・歌集

図書館で手に取ったら、近刊「斎藤茂吉 異形の短歌」の著者と同じ著者であった。 従来の短歌の解説書とは違うもので、たいへんおもしろかったが、言語学的なものの見方に、多少関心のある方でないとわかりにくい部 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.